アボカドオイル  2021.05.06

アトピー肌にオススメ!アボカドオイルで肌を保湿する方法について解説!

世界一栄養価の高い果物としてギネス認定されているアボカド、そんなアボカドから抽出されたオイルがいろいろな面から注目されているのを知っていますか?

その中でも今回は、アボカドオイルが肌に与える効果などについて、詳しく解説していきます。

美味しく食べるだけではもったいない!そんなアボカドの魅力をたっぷり知っていただければ嬉しいですね。

 

アボカドオイルがアトピー肌でも使える理由とは?

子供のころ、アトピー肌でつらい思いをした人もいるでしょう。

アトピー性皮膚炎は遺伝的な要素が大きく、生まれつきアトピー体質かどうかは決まっているとも言われています。

けれども、アトピーを発症するかどうかは人それぞれで、アトピー体質でありながら一生症状が出ない人もいれば、乳幼児の頃はひどいアトピーであっても、大人になるにつれて症状が治まっていく人、逆に大人になってからどんどん症状が悪化してしまう人もいます。

食物アレルギーとは違い、食事などで症状を緩和することがなかなか難しいアトピー性皮膚炎、そんなつらい症状へアボカドオイルを使って緩和に成功した人もいるのです。

 

リノール酸とリノレン酸

アトピー性皮膚炎の症状で最も多いのは、強いかゆみを伴う発疹が繰り返しできることです。

このかゆみは本当に厄介で、夜眠ることができない人さえいます。

症状を悪化させてしまう要因はいろいろありますが、その1つといわれているのが「油」です。

油のなかでも、アトピー症状を緩和させるカギとなるのがリノール酸とリノレン酸、このふたつの摂取バランスが、アトピー症状の改善につながる可能性があるとわかってきました。

脂肪酸の一種であるリノール酸は、紅花(サフラワー)油やヒマワリ油・マーガリンなどに多く含まれています。

リノール酸自体には血管を保護する働きがあるため、一概に「悪い油」とは言えないのですが、スナック菓子や菓子パン・ケーキなどに使われていることが多く、現代人はどうしても摂取量が増えてしまう傾向があります。

ある実験では、アトピー性皮膚炎の症状がある患者に食事指導をして、リノール酸をリノレン酸に置き換える食生活を送ってもらったところ、皮膚炎の症状の緩和が見られたということです。

リノレン酸は加熱に弱いため、炒め物などの調理油には向かないのですが、ドレッシングなど野菜などに直接かけて食べるレシピで活用することができます。

アボカドはリノール酸とリノレン酸の両方を含む果物で、しかも加熱せずそのままでも美味しく食べることができる食材です。

もちろんアボカドオイルにもリノレン酸が含まれていますから、アトピー性皮膚炎に悩む人がうまく活用することで、症状の緩和につなげることが期待できます。

 

アボカドオイルによる乾燥対策

アボカドやアボカドオイルの摂取により、アトピー性皮膚炎の症状緩和が期待できるのですが、皮膚に塗ることで症状を改善させることもあります。

アトピー性皮膚炎の治療における最大のポイントは保湿です。

アトピーの患者さんは皮膚のバリア機能が正常に機能しておらず、ひどい乾燥肌になってしまっています。

そこに炎症が加わると、バリア機能はますます低下してどんどん乾燥肌が悪化していきます。

つまりアトピー性皮膚炎における治療の中心となるのは、保湿なのです。

治療に使われている保湿薬はいろいろあり、季節や体質によって使い分けることが大切です。

保湿薬だけでなく、天然オイルを毎日のスキンケアに取り入れることもひとつの方法になります。

一番大切なのは、毎日続けて使えるように自分にあった保湿薬を見つけること。

アボカドオイルはオレイン酸やビタミンEを豊富に含み、肌にうるおいを与える栄養素が入っています。

肌に塗ったとき、べたつかずにスッとなじんでいくのが魅力のアボカドオイルですから、アトピー性皮膚炎の保湿対策に取り入れてみてはどうでしょうか。

 

 

しっかりと肌を保湿できるアボカドオイルの使い方とポイントについて

海外では、アボカドオイルがごく一般的に販売されている国も少なくありません。

そしてアボカド人気が日本でも高まりつつある中、アボカドオイルを扱うお店も増えてきました。

ただし市販されているアボカドオイルが、すべてアトピー対策に適しているかというと、残念ながらそうとは言えないのです。

 

コールドプレスによる抽出オイル

アボカドからオイルを抽出する方法は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、高温で加熱しながらオイルを抽出する高温圧搾製法で、一度にたくさんの量を抽出することができるため、価格がお値打ちのアボカドオイルとして販売されています。

ただし熱によってせっかくの栄養素が破壊されることもあり、良質なアボカドオイルとは言えない部分もあるのが事実です。

2つ目の低温圧搾(コールドプレス)製法は、摩擦による熱さえも発生させないようにじっくりと時間をかけて抽出する方法です。

時間はかかりますが、アボカドの高い栄養価をそのままオイルに含ませることができ、良質なアボカドオイルと言われています。

もちろんアトピー肌に使いたいのであれば、アボカドそのものが無農薬のオーガニック栽培されていることがベスト!

そのままドレッシング代わりに使ったり、ヨーグルトにかけたりしたいなら食用オイルを、肌に直接塗りたいのなら美容用オイルを選ぶこともお忘れなく。

 

アトピー肌への使い方

良質な美容用アボカドオイルをアトピー肌に使いたいなら、いくつかのポイントを押さえておくといいでしょう。

購入するときには、ラベルの成分表やオーガニック製品の認証マークを、きちんと確認しておくことはとても大切です。

アボカドオイルをアトピー肌のスキンケアに取り入れる場合、保湿効果を高めたいからとたっぷりオイルを塗る人がいます。

乾燥したアトピー肌にうるおいを与えたいと考えるのはわかりますが、オイルの過剰塗布はかえって肌荒れを悪化させることにつながります。

アボカドオイルを顔に塗る場合は、12滴を人肌で温めてから顔全体に伸ばすのが適量です。

オイルを塗る前には、化粧水などで肌にたっぷり水分を与えてあげることも大事です。

ひじの内側や耳の下など狭い範囲にオイルを塗る場合は、顔に塗った後の残りでも十分です。

アトピー性皮膚炎のかゆみは、皮膚のバリア機能が低下して乾燥が進むとひどくなりますので、お風呂上りにはなるべく早く全身に保湿対策を行うといいでしょう。

 

使用期限に注意

アボカドオイルは酸化に強いオイルだと言われていますが、それでも封を開けたらその時点から徐々に酸化が進んでいきます。

紫外線にも弱い性質を持っているので、購入するときは色の濃い遮光容器に入っているものを選び、開封後は3ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

たとえ未開封であっても、保存期間は半年から1年を目安に使い切ってくださいね。

 

⇩アボカドオイルの保湿効果については下記の記事から⇩

アボカドオイルは保湿力が高い!?乾燥肌に優しい?保湿力が高い理由を解説!

 

アトピー肌にオススメできるアボカドオイルを紹介!

アトピー肌の人にオススメしたいアボカドオイルをいくつか紹介します。

 

メルヴィータ ビオオイル アボカドオイル

こちらのアボカドオイルは、オーガニック成分にこだわったスキンケアオイルです。

MY(マイ)ドロップ・アプリケーター」と呼ばれる特殊な容器に入っていて、自分に最適な量を調節しながらオイルを出すことができます。

 

オリ ベジタリ コンポスティ アボカドオイル

メキシコ産のアボカドを使ったスキンケアオイルです。

乾燥した肌にうるおいをあたえ、また髪の毛を強くするためのヘアケアとしても使用できます。

どちらも美容用のアボカドオイルで、世界中に愛用者がいるスキンケアオイルです。

 

○REGANERO   アボカドオイル

先進の独⾃⼯法と技術の融合により誕生した、添加物⼀切不使⽤のエクストラバージンアボカド美容オイルです。

天然純度100%のアボカドオイルがカプセルに充填されていて「1粒」で濃厚・濃縮うるおい体験を提供します。

また、カプセル成分は植物由来のもち⽶・セルロースで製造され使⽤後は⽔に溶ける環境にも優しい商品です。

 

アトピー肌にオススメできるアボカドオイルに関するまとめ

肌の乾燥に悩む人、なかでもアトピー肌の人は、ひどいかゆみに日々つらい思いをしています。

栄養をたっぷり含んだアボカドから抽出された天然オイルは、乾燥した肌にうるおいを与え、皮膚を健やかに保つ効果が期待できます。

アトピー性皮膚炎のかゆみを止めるには、皮膚の乾燥を防ぐことが一番。

アボカドオイルには肌にうるおいを与える成分が含まれているので、肌を乾燥から防ぎ、バリア機能を高めることにつながります。

薬だけに頼りたくない・・・そんなアトピー肌の人は、一度アボカドオイルを毎日のスキンケアに取り入れてみてはどうでしょうか。

 

アトピー肌に優しいアボカドオイルを使いたいと思ったら?

スキンケアに適したアボカドオイルは、安全性の高いものを使いたいと思うのは当然です。

ましてアトピー肌に苦しんでいるのであれば、なおさらですよね。

そんな声に応えるように、添加物を一切使わないオーガニックアボカドオイルが「REGANERO」から登場しました。

REGANERO」のアボカドオイルは、全成分がアボカドオイルのみ!

REGANERO」ではアボカドの栽培からオイル抽出、商品の生産まで化学薬品を一切使わず、安心安全な商品づくりにこだわっています。

アボカドオイルをカプセル状にした理由のひとつは、オイルの弱点である「酸化」を防ぐため。

敏感なアトピー肌に、いつでも新鮮なオイルを塗ることができるのは嬉しいですね。

もちろん旅行に行くときは、必要な分だけカプセルを持っていけばいいというメリットもあります。

REGANERO」のスキンケア商品は、徹底的に成分にこだわっていて、使用するカプセルも植物由来成分を使用しています。

アトピー肌に優しいだけでなく、地球環境にも優しいのが「REGANERO」のアボカドオイルです。

良質なアボカドオイルを探している人に是非オススメしたい逸品ですよ。

 


この記事をシェアする