アボカドの栄養編  2021.04.08

アボカドを1ヶ月間食べると!?現れる効果と冷蔵方法について解説!

美味しくて美容にもいいとされるアボカドは、近年輸入量が大幅に増加しています。

つまりそれだけアボカドを食べる人が増えているということ。

そこでアボカドを食べ続けることで得られる効果について解説していきます。

 

アボカドを1ヶ月間食べてみようと思った理由

料理レシピサイトで「アボカド」を検索すると、それはもうたくさんのレシピが出てきます。

しかも「パパっと」「5分で」「簡単」といった謳い文句がずらり。

いくら簡単でも、美味しくなければもう一度作りたいとは思いませんし、手間がかかる料理は重い腰が上がりません。

ネット上で紹介されているアボカドレシピは、どれも簡単で美味しいものばかり、しかもオシャレに見えるものが多く、料理があまり得意でない人でも試したくなります。

そしてもうひとつ、アボカドがここまで人気になった理由はその効果ではないでしょうか。

試しに「アボカド」「美容」と検索してみてください。

そこに表示されるのは「高い栄養価」「食べる美容液」など、女性が気になる言葉がたくさん並ぶことに気づくでしょう。

そう、アボカドの栄養価はギネスブックに登録されるほど高く、普段の食生活に取り入れることで美容や健康にいいと言われる効果が期待できるのです。

ただいくら美容や健康にいい食材だからと言ってコストがかかるものは続けられませんよね。

でも安心してください。

今やアボカドは近所のスーパーでも、1個100円程度で買うことができます。

もっと手軽にということなら、カットした冷凍アボカドだって手に入れることが可能です。

1日100円以下で美容や健康にいい食材を試すことができるのなら、こんな嬉しいことはありませんね。

「とりあえず1ヶ月アボカドを続けてみよう!」

そんな気持ちにさせるのは、色々な意味でのアボカドのハードルの低さが影響しているに違いありません。

 

 

アボカドを1ヶ月間食べてみた結果は!?現れる効果とは?

漠然と「アボカドが健康や美容にいい」と言っても、本当のところはどうなのかわかりません。

そこでアボカドに含まれる栄養素をもとに、その効果について考えていきます。

 

アボカドの主成分は脂質

アボカドには豊富な栄養素が含まれていますが、その主成分は脂質です。

脂質というと「太る」というイメージがありますが、アボカドに含まれている脂質はオレイン酸などの一価不飽和脂肪酸であり、血液中のLDLコレステロールを下げる効果があります。

つまりアボカドを食べることで、高血圧や糖尿病といった生活習慣病リスクを下げることにつながるのです。

 

若返りビタミンのビタミンE

アボカドが美容にいいと言われる根拠は、豊富に含まれるビタミンEです。

アボカド1個(150g)に含まれるビタミンEは5.5㎎ほどで、1日に推奨される日本人におけるビタミンE摂取量の8割ほどをカバーできます。

ビタミンEには優れた抗酸化作用があり、紫外線や大気汚染による肌へのダメージを防いでくれます。

また血管を広げる作用があり、肌細胞の一つ一つにきちんと栄養を送り届ける働きも担っているのです。

いつまでも若々しい肌を保つために、ビタミンEはとても大切な栄養素だと言えるわけです。

 

アボカドを1日1個毎日食べ続けてみた!

これだけアボカドの魅力を伝えられると、その効果を実感してみたくなりますよね。

アボカドを毎日食べる習慣があるメキシコでは、世界の所要国と比較するとがん死亡率が圧倒的に低いことがわかっています。

 

 

この理由が食生活であり、特にアボカドとライムを毎日摂取することが、がん予防に深く関わっていると言われているのです。

さすがにがん予防のためにアボカドを毎日食べ続けるというのは、きっかけとしてはハードルが高く感じますから、まずは美しい肌を取り戻すためにアボカドを積極的に食べてみるということから始めてみましょう。

アボカドを毎日1個食べ続けることは難しいことではありません。

加熱しなくてもすぐに食べることができますし、忙しい時は冷凍アボカドを準備しておけばOK。

そしてアボカド生活を1ヶ月続けてみた結果、次のような効果を実感することができました。

 

  • 乾燥しがちな肌がうるおいやすくなった
  • お通じがよくなった
  • ひざの痛みがなくなった

 

アボカドに含まれるオレイン酸やビタミンEは、肌を整えて水分や油分を補い保つことが期待されています。

実際に、年齢と共に乾燥が気になってきた肌に、うるおいを感じることが多くなりました。

お通じに関してはもともと悪いほうではありませんでしたが、アボカドを食べるようになってお通じだけでなくむくみの改善が見られました。

1日中立ち仕事をしていても足の疲れがたまりにくいというのは、本当に嬉しいことです。

そしてもうひとつ、ひざの痛みから解放されたことはちょっと驚きでした。

後で知ったことなのですが、アボカドに含まれる「アボカド大豆不けん化物」という成分は、すり減った軟骨を修復する働きがあるそうでTVでも取り上げられています。

これは年老いた両親にも教えてあげたい効果ですね。

もちろん、これらの効果は一個人で感じたことであり、実際の効果は人それぞれだと思います。

ただ、サプリメントなどの人工的な栄養補助食品に頼るよりも、まずは天然食材であるアボカドを毎日の食生活に取り入れてみてはどうでしょうか。

 

アボカドを冷蔵庫で保存する方法について

アボカドが手軽に購入できるようになったものの、消費者としては悩みもあります。

それはアボカドの食べ頃と保存方法です。

毎日アボカドを買いにお店まで行くのも面倒ですし、どうせなら少しまとめて買っておきたいですよね。

 

切っていないアボカドの保存

皮をむかない丸ごとのアボカドは、しばらく日持ちがします。

アボカドの色によってだいたいの熟し具合がわかるので、どのくらい日持ちをさせたいか選ぶ参考にしてください。

きれいなグリーン色・・・まだ熟成が足りないので、常温で1週間ほど置いておく

所々黒っぽい緑色・・・2~3日、食べ頃になるまで常温で保存

全体的に黒っぽい色・・・完熟食べ頃です。すぐに食べない場合は冷蔵庫で5日間ほど保存可能

アボカドはグリーン色の状態で冷蔵庫に入れてしまうと熟さなくなってしまいますから、冷蔵庫で保存するときは熟して食べ頃になったものを冷蔵保存してください。

 

カットしたアボカドの保存

アボカドはカットすると、空気に触れている部分から酸化が進んで変色してしまいます。

カットしたものはすぐに食べたほうがいいのですが、量が多いなど取っておきたいときもありますよね。

そんなときはレモン汁を果実にふりかけ、密閉容器(ラップでも可)に入れて冷蔵庫で保存できます。

ただし保存期間は1日程度、なるべく早めに食べるようにしましょう。

 

究極は冷凍保存

食べ頃のアボカドがあるのに、どうしてもすぐには食べることができない!・・・そんなときは冷凍保存してしまいましょう。

食べ頃のアボカドをラップにそのままくるんで、冷凍用の密閉袋に空気を抜いて入れ冷凍庫へ。

だいたい1か月程度なら冷凍保存が可能です。

使いたいときは常温で解凍すればOK、半解凍のほうがカットはしやすいですよ。

 

【結論】アボカドは健康に良い食品!ただし食べ過ぎには要注意?

アボカドは美味しさだけでなく、その栄養価にも魅力がいっぱいな果物だったんですね。

しかも、ちょっとまとめ買いをして保存できるとなれば、いつでも自宅にストックしておきたくなります。

加熱しなくてもそのまま食べられますし、アレンジのバリエーションも豊富とくれば、毎食、アボカドをメニューにプラスしたいなんて人がいるかもしれません。

ただしここで少し注意しておきたいことがあります。

美味しいからと言って、食べ過ぎには注意です。

アボカドはカロリーが高いわりに糖質が低いため、太りにくい食材だと言われています。

しかし脂質が多いのは事実。

アボカドの主成分が体に良いとされる一価不飽和脂肪酸だとしても、食べ過ぎは当然太り過ぎの原因になりますし、生活習慣病のリスクを高めることにつながります。

大人が1日に食べても大丈夫なアボカドの量は、半分~1個まで。

もちろんアボカド以外の食材も取り入れて、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

アボカドを利用して健康的なお肌も手に入れたいと思ったら?

アボカドに含まれるビタミンE やビタミンC、ビタミンB群は、皮膚を整える作用があります。

食べ続けることで健康的な体を維持することが期待できますが、どうせならアボカドの力を借りて健康的な肌を手に入れたいですよね。

栄養価の高いアボカドから抽出したオイルは、果実同様たっぷりと栄養を含んでいます。

もちろん油分は肌にうるおいを与え、乾燥を防ぐのにピッタリですし、オイルの主成分であるオレイン酸は皮脂を構成する成分でもあり、肌なじみも抜群です。

アボカドの果実は1日1個までしか食べることができませんが、アボカドオイルを使ったスキンケアなら肥満の心配は要りません。

「REGANERO」のアボカドスキンケアクリームは、オーガニック100%のエクストラバージンアボカドオイルを配合した保湿クリームです。

肌の乾燥を防ぎ、ツヤとうるおいを与えてくれるアボカドスキンケアは、肌に悩みを抱える人にとって力強いサポートになるはずです。

アボカドを毎日食べて体の中から若々しく、そしてアボカドオイルの力で肌にうるおいとツヤを与える、まさに身体の内と外、両方からアボカドの力を実感できますね。

「REGANERO」で使われているアボカドは、栽培からオイルの抽出、そして配合まで徹底した管理の下、安心安全にこだわっています。

知れば知るほど魅力的なアボカドを使ったスキンケア、ぜひ手に取ってみてください。

 

<参考URL>


「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」
「厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト e-ヘルスネット 不飽和脂肪酸」
「厚生労働省『「統合医療」に係る 情報発信等推進事業』eJIM ビタミンE」
「メキシコの病気・感染症 統計データ 資料: GLOBAL NOTE 出典: WHO」

 


この記事をシェアする