アボカド 髪の毛  2021.06.05

アボカドオイルでヘアケア?アボカドオイルで美髪を手に入れる

空気が乾燥している冬、湿気がとにかく多い梅雨、蒸し暑い夏など、髪の悩みを抱える人は多いのではないでしょうか。

肌のお手入れはきちんとやっているのに、髪型が決まらなかったり、パサついていたりすると、自身の魅力は半減してしまいます。

毎日シャンプーとトリートメントをしていても、なかなか思い通りのヘアスタイルにまとまらないと悩んでいるのなら、ヘアケアの方法を変えてみてはどうでしょうか。

今回は、美肌効果が期待できるアボカドオイルは、美しい髪の毛を手に入れることもできるのか、その方法や効果について解説していきます。

 

アボカドオイルの主な成分

ドラッグストアに行くと、さまざまなヘアケア用品が並んでいます。

ヘアクリームやヘアオイル、どれも髪の毛専用に成分が配合されたものばかりですが、ここで疑問に思うのが、天然アボカドオイルをそのまま髪の毛に塗って、果たして大丈夫なのか?ということです。

結論から先に言うと、天然のアボカドオイルは直接髪の毛につけてもOKです。

さらにオーガニックオイルなら、頭皮マッサージに使うこともできます。

アボカドオイルの主成分はオレイン酸で、肌なじみがよいだけでなく、髪の毛にもなじみやすく、塗った後もベタッとせずにサラサラになるのが魅力です。

なぜオレイン酸が肌や髪の毛に馴染みが良いのかというと、もともと皮脂に存在する成分だからです。

皮脂の脂肪酸構成の多くを占めるオレイン酸が多く含まれるアボカドオイルだからこそ、安心して肌や髪の毛に使うことができます。

 

アボカドオイルの特徴は?

アボカドオイルはアボカドの果実から採れるオイルで、果肉部分と同じ淡い黄色をしています。

ほんのりアボカドの甘い香りがするオイルは、粘度が高く、少し固めの手触り感です。

アボカドオイルの主成分は、一価不飽和脂肪酸(オメガ9系脂肪酸)のオレイン酸で、不飽和脂肪酸のなかでは酸化しにくいオイルです。

口にするときは、ヨーグルトにかけたり、そのままスプーンで飲んだりもできますが、発煙点が250~255℃と高いため、炒め物などの高温料理にも向いています。

さらにアボカドオイルは肌なじみがよく、肌にうるおいを与える美容オイルとしての人気も高く、「食べてよし、塗ってよし」の万能オイルなのです。

 

アボカドオイルの主な成分

アボカドオイルは、アボカドの果実同様、栄養価の高いオイルです。

そんな高い栄養価のなかで、代表的な成分をいくつか紹介します。

 

  • オレイン酸

アボカドオイルの主成分は「オレイン酸」で、オイルの脂肪酸の70%ほどを占めています。オレイン酸は悪玉コレステロールを増やさず、動脈硬化や心筋梗塞の予防に役立つと言われています。また高い保湿力と抗酸化作用があり、肌の調子を整えたり髪の毛を美しく保ったりする美容効果が期待できます。

 

  • パルミトレイン酸

赤ちゃんの肌がみずみずしいのは、パルミトレイン酸が多く含まれているからだと言われています。つまり、私たちの肌のハリや乾燥対策で大きな役割を担っている脂肪酸がパルミトレイン酸なのです。パルミトレイン酸は生まれたばかりの赤ちゃんの頃が最も体内に多くあり、年齢とともに減少していき、肌のハリが失われたり乾燥が進んだりします。そのため、パルミトレイン酸を補うことはエイジングケアへの期待ができるのです。

 

  • レシチン

脂質の一種であるレシチンは、動脈硬化や認知症の予防に期待されている成分です。また、血液中の脂質をスムーズに流す働きによって、身体全体に栄養を行き渡らせ、肌を美しく健康的に導きます。

 

  • ビタミンA

脂溶性ビタミンであるビタミンAは、目の健康を維持し、皮膚を正常に保つ働きがあります。主に皮膚や粘膜を構成する上皮細胞をつくることに関わっていて、肌のバリア機能を高めて病原菌などの侵入を防いでいます。ビタミンAが不足すると、粘膜が乾燥して硬くなり、肌がカサつきやすくなります。

 

  • ビタミンE

強い抗酸化作用を持つビタミンEは、「若返りビタミン」とも呼ばれています。人は40歳を過ぎると、血液中に酸化した脂質が増えていき急速に老化が進みます。ビタミンEの抗酸化作用により、脂質の酸化を遅らせて老化のスピードを弱めることが期待されているのです。また血液の流れを良くする働きがあり、肌細胞の新陳代謝がよくなり、肌のツヤやハリが改善されるともいわれています。

 

  • ビタミンB

アボカドオイルに含まれるビタミンB群のなかで、ビタミンB6はタンパク質の代謝をサポートし、健康な肌や髪の毛を生成します。またナイアシンはビタミンEやCの作用にも関わる大切な栄養素です。

 

  • ビタミンD

ビタミンDには保湿効果があります。目元の乾燥やまつげのケアに働きかける栄養素です。

 

ここにあげた成分は、アボカドオイルに含まれるほんの一部の栄養素です。

ほかにも健康や美容にいいとされている栄養素がたくさん詰まっていることから、今、アボカドオイルが注目されているのです。

 

 

アボカドオイルを髪の毛に塗ると効果は?

「髪の毛がパサつく」「まとまらない」といった悩みを抱えている人のなかには、オイルでヘアケアをしている人もいるでしょう。

ではアボカドオイルをヘアケアに使った場合、どのような効果が期待できるのでしょうか。

 

頭皮ケアで薄毛・白髪予防

「髪の毛が細くなる」「白髪が増えた」、このような悩みは、年齢によるものだけではなく、髪の毛に充分な栄養が行き渡っていないことから起こる可能性があります。

美しい髪の毛は、土壌である頭皮が健康でないと生まれません。

そのためにはきちんとした頭皮ケアが必要なのです。

アボカドオイルには、血行を促進するレシチンやビタミンEが含まれていて、髪の毛に必要な栄養を運び、薄毛や白髪予防が期待できます。

 

紫外線ダメージから髪の毛を守る

紫外線は一年を通して空から降り注いでいますが、市販されている日焼け止めは肌への負担が大きくてあまり使いたくない・・・、という人もいます。

アボカドオイルには一価不飽和脂肪酸が豊富に含まれていて、肌を赤くする紫外線B波をカットしてくれ、髪の毛を紫外線ダメージから守ってくれます。

ただしSPFは弱めなので、日常生活などでの使用がおすすめです。

 

髪の毛をしっとりサラサラに

髪の毛がパサつき、ツヤがない時にアボカドオイルを少量つけると、しっとりサラサラの髪の毛にしてくれます。

 

濡れた髪に使ってダメージを軽減

ヘアケアにオイルを使うときは、タオルドライしたあとの濡れた髪に使うのが効果的です。

髪の内部に水分をぎゅっと閉じ込めて、ドライヤーの熱から髪の毛が乾燥してしまうのを防いでくれ、しっとりサラサラの髪の毛にしてくれます。

また髪を乾かすとき、摩擦による切れ毛などを防ぐ効果もあります。

 

コクのある香りで癒し効果

アボカドオイルの主成分であるオレイン酸は、オリーブオイルにも多く含まれていますが、オリーブオイルは独特の香りがありヘアケアに使うことに抵抗がある人も多くいます。

アボカドオイルの香りは甘くてコクがあるため、癒し効果も期待できます。

 

アボカドの効果的なヘアパックの方法

毎日のヘアケアにアボカドオイルを使うのはオススメですが、もっとスペシャルなヘアケアを試してみたい方へ、アボカドを使ったヘアパックを紹介します。

 

熟したアボカドペーストでヘアパック

豊富な栄養が魅力のアボカドですが、髪の毛の育成にとてもいいと言われる成分もたくさん含まれています。

  • オレイン酸・・・年齢とともに失われるため、補ってあげることで頭皮の若返りが期待できる
  • カリウム・・・ナトリウム(塩分)を体外に排出し、血流を促すことで髪に栄養を届けやすくする
  • ビタミンB2・・・エネルギー代謝や物質代謝に関わっているため、不足すると髪の毛の成長抑制を引き起こすことがある
  • ビタミンB6・・・不足すると脂漏性皮膚炎を引き起こす可能性があり、健やかな髪の毛が育ちにくくなる

アボカドの果実を使ったヘアパックはとても簡単です。

  1. 熟したアボカドをフォークなどでつぶしてペースト状にする(ミキサーを使ってもOK
  2. アボカドペーストを髪の毛全体に塗り、そして頭皮もマッサージする
  3. ラップを巻いて30分程放置
  4. いつもと同じようにシャンプー&リンスをして終了

たったこれだけで、髪の毛がしっとりとまとまり、乾燥によるフケを軽減することができます。

 

アボカドオイルを使って簡単手軽にヘアパック

熟したアボカドをペースト状にするのが面倒だったり、「もったいない!」と感じたりする人は、アボカドオイルを使えばもっと手軽にヘアパックをすることができます。

髪の悩みの多くは、頭皮環境の悪化が原因です。

例えば栄養不足により頭皮の細胞分裂が行われないと、皮膚が乾燥して抜け毛が多くなりますし、髪の毛の形成に必要な栄養素が不足すれば、薄毛の問題にも直面します。

健全な頭皮・髪の毛のために特に必要とされる栄養素は、ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンEですが、アボカドオイルにはこれらの栄養素がすべて含まれています。

では、アボカドオイルを使ったヘアパックの方法を紹介します。

  1. シャンプー前の乾いた髪にたっぷりアボカドオイルをなじませ、頭皮は指の腹を使って丁寧にマッサージする
  2. マッサージ後は蒸しタオルで頭を包み、20分程放置
  3. シャンプーをして完了(リンスの必要はありませんが、好みでやってもOK

とても簡単ですよね。

アボカドオイルは少し硬めのテクスチャーですから、お好みのピュアオイルをブレンドして柔らかくするのもオススメです。

 

⇩アボカドオイルを化粧落としに使用する詳しい解説については下記の記事から⇩

アボカドオイルでクレンジングができる!化粧落としの効果や使い方について解説! 

 

アボカドオイルを髪に塗った時の効果とヘアパックの作り方まとめ

昔の人は、植物などから採れるオイルを使って、皮膚や髪の毛を乾燥から守っていました。

日本では椿油が有名ですが、海外ではアボカドオイルを使ったスキンケアも親しまれています。

アボカドにはオレイン酸など油脂が豊富に含まれていて、髪や身体に塗ることで保湿を高めてくれます。

またビタミンやミネラルなどは、髪の毛や頭皮を健やかに保つ効果も期待できるのです。

アボカドの果実をペースト状にしたヘアパックは一般的ですが、もっと手軽で簡単にヘアパックしたいのならアボカドオイルを使うことがオススメです。

乾いた髪や頭皮にオイルをなじませて、20分程放置した後にシャンプーをすれば、しっとりサラサラの髪に生まれ変わりますよ。

髪の毛がパサパサしている、乾燥からくるフケに悩んでいる、近頃薄毛になってきたかも・・・、そんな人にアボカドオイルはオススメです。

 

アボカドオイルをヘアケアに使いたいと思ったら?

アボカドオイルを使ったヘアケアに興味がでてきたのなら、今度はオイルそのものにこだわってみてはどうでしょうか。

顔のスキンケアに人一倍気をつかう人は少なくありませんよね。

けれども、頭皮に関してはどうでしょうか。

シャンプーやコンディショナーの香りなどにこだわっているという話はよく聞きますが、頭皮マッサージやヘアパックでお手入れしている人はまだまだ少ない印象です。

しかし顔の皮膚と頭の皮膚は一枚でつながっているので、頭皮が健康でなければ、顔のお手入れをいくら頑張ったところで、いい結果を生み出せないことだってあります。

そして肌につけるスキンケア用品は安心・安全なものを選んでいるのであれば、当然頭皮につけるものもこだわりたいものです。

REGANERO」のアボカドオイルは、きちんと管理された農園でオーガニック栽培されたアボカドを低温圧搾(コールドプレス)でゆっくり丁寧に抽出した天然純度100%のエクストラバージンアボカド美容オイルです。

アボカドオイルには食用と美容用がありますが、スキンケアやヘアケアに使うなら断然純度の高い美容用がオススメ。

REGANERO」のアボカドオイルの特徴は、成分の半分以上を占めるオレイン酸のおかげで高い保湿力があること、そして伸びのよいオイルで塗った後もべたつかずサラッと仕上がります。

そしてオイルというと、紫外線や空気に触れることで、どうしても酸化(劣化)が避けられないのですが、「REGANERO」のオイルは一粒ずつカプセル状になっていて、いつも新鮮なオイルでお手入れができます。

合成着色料や人工香料は一切使用せず、使っているカプセルも植物由来で、使い終わった後も水に溶けて環境にもやさしい商品です。

毎日のスキンケアに使って、手に残った分を髪の毛に塗ってもいいですし、週末のスペシャルケアのヘアパックに使用するのもオススメ。

カプセルだから持ち運びもしやすく、旅行などには必要な分だけ持っていくことも可能です。

香りは無香料で他のピュアオイルとの相性も良く、その日の気分で自分だけのオリジナルオイルを作ってみるのもオススメですよ。

 


この記事をシェアする