アボカドクリーム  2021.08.12

ニキビ肌のスキンケアはクリームだけでも良いのか?

大人になってからも悩まされることの多い「ニキビ」ですが、ニキビ肌のスキンケアはどのように行うのが正解なのでしょうか。

「ニキビは触らないほうがいい」ということで、少ないアイテムでなるべく短時間にスキンケアを終わらせたいと、クリームでのケアで終了!としている人、ひょっとしたらそれがニキビの治らない原因かもしれませんね。

今回はニキビ肌のスキンケアについて、正しいやり方とその理由について詳しく解説していきます。

大人のニキビに悩む人はぜひ参考にしてください。

 

ニキビ肌のスキンケアをクリームだけ済ますのは良くないのか?

思春期に経験するニキビは、体の成長による過剰な皮脂分泌が原因です。

毎日洗顔で汚れや余分な皮脂を洗い流し、肌を清潔に保つことで改善され、思春期を過ぎれば徐々に収まっていきます。

しかし20代・30代、ときには40代になっても悩まされる大人ニキビは、ケアを間違えると悪化してしまうことも少なくありません。

 

大人ニキビができる原因

ニキビができる原因は、「毛穴が何らかの原因で詰まってしまうこと」。

これは思春期ニキビも大人ニキビでも一緒です。

問題はなぜ詰まってしまうのかですが、思春期は体が急激に成長するため、皮脂が過剰に分泌されやすくなり、それが原因で毛穴が詰まりやすくなりますが、成長が落ち着き、ホルモンバランスが整ってくる20歳前後になると、思春期ニキビもだんだんと減っていくのが一般的です。

ところが大人ニキビは、どれだけ肌を清潔に保ってもなかなか治らず、悩みの種となることも多いのではないでしょうか。

実は大人ニキビの原因は、「乾燥」が根本にあることが多いのです。

「ニキビ=肌のべたつき(脂)」というイメージが一般的ですから、まさか乾燥肌が原因でニキビになっているとは思わず、間違ったスキンケアを行っている人がたくさんいるのですね。

 

乾燥肌とニキビの関係

では、乾燥肌とニキビの関係を詳しく見てみましょう。

肌にとって皮脂は決して悪いものではなく、肌を守るために必要なものです。

例えば皮脂が不足すると、肌内部の水分がどんどん蒸発して乾燥肌が進んでしまい、肌のターンオーバーが乱れたり、皮膚のバリア機能が低下したりします。

このような状態を防ぐため、乾燥から肌を守ろうと皮脂が分泌されるのですが、それが毛穴の詰まりにつながってしまうのです。

ニキビになりやすいのは脂っぽいオイリー肌と思いがちですが、大人になるにつれて増える乾燥肌も、ニキビの天敵だったのですね。

 

肌の予防や改善にはとにかく保湿が大切!

大人のニキビ肌を防ぐポイントは保湿ケア、ということはわかっていただけましたか?

ただし間違った保湿ケアをしていては、残念ながら大人ニキビは改善されません。

では次に、大人ニキビの保湿ケアのポイントを解説していきます。

 

化粧水?乳液?大人ニキビの保湿に必要なもの

乾燥肌に与えるスキンケア用品と言えば、化粧水や乳液などを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

「ニキビ肌には油分を与えないほうがいい」

このような思い込みから、ニキビ肌へのスキンケアをたっぷりの化粧水だけで済ませている人は多いのですが、実はこれが間違いなのです。

化粧水をたっぷり肌に与えると、一時的に肌がしっとりうるおいますが、しばらくするとすぐに乾燥してきてしまいます。

濡れた洗濯物を干しておくと乾くのと一緒で、化粧水の水分は空気中に蒸発していってしまうからです。

しかも厄介なことに、化粧水で補った水分だけでなく、もともとあった肌内部の水分まで一緒に蒸発していってしまい、肌にとっては最悪の結果に・・・。

せっかくの化粧水を肌の内側に閉じ込めておきたいなら、油分でフタをすることはとても大切です。

つまり、化粧水の後には乳液やクリームを塗り、水分の蒸発を防ぐことがポイントなのです。

 

洗顔後はすぐに保湿を行う

乾燥肌に必要な保湿ケア、そのひとつめは正しい洗顔です。

ニキビができると、ベタベタしている皮脂をゴシゴシと洗い流しがちですが、その皮脂は乾燥肌を防ぐために過剰に分泌されたものであり、過度な洗顔は余計に乾燥を引き起こす原因になります。

洗顔は朝晩2回、たっぷりと泡立てた泡でやさしく皮脂や汚れを洗い流してあげましょう。

洗顔後はなるべく早く化粧水や乳液で保湿ケアを行ってください。

どんなに優しく洗っても、洗顔後の肌は皮脂量が不足しています。

その状態でしばらく放置しておけば、肌内部の水分はどんどん蒸発してしまいます。

水で洗い流した後の肌は、一見、肌がうるおっているように感じますが、それは肌の表面上に水分が乗っているだけで、肌内部がうるおっているわけではありません。

肌のスキンケアはあとでゆっくり時間をかけて・・・という気持ちはわかりますが、洗顔後の保湿ケアはなるべく早く行うことが大切です。

 

スキンケア用品の適量を守って保湿

乾燥肌による大人ニキビを防ぐために、保湿剤をたっぷり使えばいいと思っている方、これも正解ではありません。

保湿目的のスキンケア用品は、各メーカーが研究を重ね、保湿配合を独自に配合しています。

たっぷり塗ったからといって、そのぶんしっかりと保湿されるというわけではなく、適量を守らないことによって水分と油分のバランスが崩れてしまうことも考えられます。

「安いスキンケア用品をたっぷり使う」のでもなく、「高級化粧品をちょっとずつ使う」のでもなく、自分にあった化粧品を適正な量で使うことが乾燥肌を改善する方法です。

 

⇩アボカドでニキビ跡のケアをする方法については下記の記事から⇩

アボカドでニキビの悪化を防ぐ!ニキビ跡をケアして美肌を作るレシピを紹介!

 

 

ニキビ肌のスキンケアを行う手順とは?

それでは、ニキビ肌の人が行うスキンケアの手順について解説していきます。

ちょっとしたポイントを押さえて、正しい大人ニキビの対処法を身につけてくださいね。

 

ニキビ肌のための基本的なスキンケア手順

ニキビ肌だからと言って、通常のスキンケアと大きく異なることはありません。

  1. 洗顔(メイクをしている場合はメイクを落としたあとで洗顔)
  2. 化粧水
  3. 乳液や保湿クリーム
  4. ニキビ治療薬(外用薬)

ひとつ注意したいこと、それはニキビ治療薬をどのタイミングで塗るのかです。

ニキビ治療薬には内服薬と外用薬がありますが、外用薬はクリーム状になっていることが多く、いつものスキンケアアイテムに加えるタイミングがわからないという声が多く聞かれます。

基本的には、ニキビ治療薬(外用薬)は、しっかりと保湿をしたあとに塗るのが正解です。

つまり、洗顔後、化粧水と乳液や保湿クリームでケアしたあとにニキビ治療薬を塗ります。

ニキビ治療薬はあくまでもニキビの治療目的で医療成分が配合してあるため、保湿クリームとは異なります。

乳液や保湿クリームの代わりにはなりませんので注意しましょう。

 

洗顔のポイント

ニキビは過剰な皮脂分泌による毛穴の詰まりが原因だから、洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシと洗うというのはNGです。

スクラブ入りや洗顔ブラシなどの使用は避け、洗顔料をしっかりと泡立てて、泡洗顔をするようにします。

ニキビがひどい場合には、もこもこに泡立てた泡を顔の上にしばらく乗せておくだけでも、十分に汚れを落とすことはできます。

洗顔料は夜だけでなく朝も使うようにし、肌をやさしく清潔に保つことを心がけます。

洗顔後、タオルで水分をふき取るときも、ゴシゴシと擦らずに、タオルを顔の上にのせて水分をしみ込ませるのが正解です。

 

化粧水や保湿クリームのつけ方

洗顔後はなるべく早く肌に水分を補ってあげることが大切です。

健康な肌であれば、コットンなどを使って化粧水をつけるのは問題ありませんが、ニキビ肌はコットンによる刺激がニキビを悪化させることにつながる可能性もあり、手でやさしくつけることをオススメします。

その際、パッティングは肌への刺激が強すぎるのでNG

化粧水を手の平にとり、顔を包み込むようにして肌になじませていきます。

乾燥肌は大人ニキビの原因になるからと、指示されている量を超えて化粧水をつかう人がいますが、これも実はNGです。

化粧水を与えすぎると、水分と油分のバランスが崩れて、余計にニキビが出来やすい肌になります。

スキンケアアイテムは、書いてある容量用法を守って正しく使うようにしましょう。

もちろん化粧水の後は、肌内部から水分が蒸発するのを防ぐために、乳液や保湿クリームを塗ることもお忘れなく。

大人ニキビが出来やすい肌は、とっても肌がデリケートな状態です。

基本のスキンケアをベースに、肌状態を確認しながら自分にあった方法でお手入れしてあげるといいですね。

 

ニキビ肌のスキンケアにオススメのアボカドクリームとは?

「大人ニキビを治したい!」加えて「乾燥肌も改善したい!」、そんな人にはしっかりと保湿してくれるのにベタベタしない、天然オイル配合のアボカドクリームをオススメします。

アボカドオイルに含まれるオレイン酸は、肌にうるおいを与えつつ、肌なじみがよくて嫌なべたつきを感じさせません。

いくら乾燥肌だと言っても、いつまでも肌にのせたクリームがべたつくようでは、毛穴が詰まりやすくなってしまいますよね。

REGANERO」のアボカドバタークリームは、顔のスキンケア用に開発された保湿クリームです。

アボカドをペースト状にしてそのまま塗っているような使用感でありながら、塗ったあとの肌はベタベタしません。

アボカドオイル・シアバター・ホホバオイル・カミツレ花オイルを独自に配合してある「REGANERO」のアボカドバタークリームは、肌にうるおいを与え、失いかけたハリやツヤを取り戻し、輝くような素肌が実感できるフェイス用クリームになります。

大人ニキビに悩んでいる人は、スキンケアの一環として「REGANERO」のアボカドバタークリームを取り入れてみてくださいね。

 

<参考文献>


健栄製薬「【医師監修】乾燥肌は保湿するとニキビができる?正しいスキンケアを紹介」
常盤薬品「にきび肌のための保湿化粧品(保湿剤)の選び方」
常盤薬品「にきび肌の保湿の基本」
メディカリスト「順番や方法を間違えると逆効果?ニキビのケアについて」


この記事をシェアする