スキンケアのやり方  2021.08.09

スキンケアに化粧水は要らない?クリームだけはありなのか詳しく解説!

肌のお手入れは大切だけれど、朝は忙しいし、夜は疲れているし、なるべく時間はかけたくない!・・・と思っている女性は多いのではないでしょうか。

クレンジング・洗顔・化粧水・乳液・美容液と、何ステップもの過程がある毎日のスキンケア、不要なものがあれば外したいと思うのは当然のことです。

そこで今回は、スキンケアに絶対必要だと思われている「化粧水」は本当に必要なのか、クリームだけでもOKなのかを検証していきます。

今までのスキンケアを見直すチャンスだと思って、最後まで読んでください。

 

化粧水を使わない美容法って?

スキンケアのセオリーと言えば「化粧水+乳液」であり、何の疑問も持たず取り入れてきた人は多いのではないでしょうか。

けれども、雑誌やTVなどでは次々と新しい美容法が紹介されています。

そのなかで世間をあっと言わせたのが「化粧水を使わないスキンケア」、そしてやり方にはいくつかの方法があるとされています。

 

化粧水不要論

化粧水をたっぷり塗った肌は、うるおいがあります。

けれどもこの水分、実は肌の表面にある角質層にとどまっていて、肌の奥まで浸透しているわけではありません。

また、角質層が保持できる水分には限りがあるため、たっぷり化粧水をつけたとしてもその効果は限定的であり、余分な水分はむしろ肌のバリア機能によって弾かれてしまいます。(お風呂に入っても、皮膚が水ぶくれでパンパンにならないのはバリア機能のおかげです)

「若くて健康な肌は水を弾く」といわれるのは、角質層のターンオーバーが正常に行われていて、必要な水分を保持しつつ、余分な水分はバリア機能が弾いてくれる機能がきちんと働いているからなのです。

一見、無茶苦茶に思われがちな化粧水不要論ですが、もともと肌が持っている水分が蒸発してしまわないよう、クリームで肌にフタをするというごくシンプルな美容法であり、理にかなっているやり方です。

このあとに記述する「ガッテン塗り」と根本は同じですが、皮膚科医の先生方が推奨しているだけあり、保湿には美容クリームではなく、医薬品の保湿剤を使うことが多いとも言われています。

 

肌断食

ダイエットやデトックスなどを目的に、食事を断つ「断食」を行っている人がいますが、同じように、美容雑誌などで話題になっているのが「肌断食」です。

これはメイクやクレンジング、スキンケアなどを行わず、軽い洗顔のみで一日を過ごす美容法になります。

「肌断食」には週末のみスキンケアをストップする「プチ肌断食」と、日ごろからメイクやスキンケアを一切行わず、肌の手入れはぬるま湯か水での洗顔のみという「ハード系肌断食」があり、自分にあった「肌断食」を選択することができます。

 

ガッテン塗り

インパクト大のネーミングではありますが、「ガッテン塗り」は、NHKの人気番組『ためしてガッテン』で2010年に放送されたスキンケア方法で、簡単に言えば、洗顔後のスキンケアの肌に水が残っている状態で、保湿クリームだけを使うという美容法のことです。

NHK、しかも健康や美容の意識が高い人に人気の番組で紹介されたことに加え、簡単で誰でも手軽に取り組めるというスキンケア方法は、瞬く間に日本中に広まりました。

 

クリームだけのスキンケアを1ヶ月やってみた!

 

お金がかかって面倒くさい美容法は、正直やりたくありません。

けれども洗顔後のスキンケアが簡単になるのであれば、ちょっと試してみる価値があるのではないかと考えました。

もともと私は乾燥肌であるため、洗顔後に何も塗らない「肌断食」は抵抗があるのと、皮膚科で処方される保湿剤のベタベタ感が苦手ということもあり、選択したのは「ガッテン塗り」です。

実際の番組では「この保湿クリームを使え」というような指示はありませんでした。(NHKですから、特定の商品をゴリ押しすることはありません)

ただ、ちょうど海外の高級美容クリームと成分配合が似ている「ニベアの青缶」が巷で話題になっていたこともあり、その風潮に便乗し、ニベアの青缶をつかったガッテン塗りを試してみました。

結論からいうと、当初1ヶ月と思ってやり始めた「ガッテン塗り」でしたが、3ヶ月継続する結果となりました。

その理由と、実際にやってみた感想・結果をお伝えしたいと思います。

 

ニベアの青缶を購入『青缶、安い!』

確か小学生くらいの頃にはよく使っていましたが、大人になってからは全く眼中になかったニベアの青缶、ドラッグストアに買いに行ってビックリしました。激安なんですね…。私のよく行くドラッグストアでは、468円(税別)で売られていて、なおかつポイントも付くし、何といっても大容量ですからね、いつまで使えるんだろう…という感じです。

 

初めて1週間『簡単・・・だけどちょっと乾く』

ネットでいろいろ調べた結果、ニベアの青缶はちょっとクリームが硬めなので、①手の平で温めて使うといい ②塗り過ぎはニキビにつながるので注意、という2点に気をつけて始めてみました。

いつもは、「クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→保湿クリーム」という過程でスキンケアを行っていましたが、ガッテン塗りでは「クレンジング→洗顔→ニベア青缶」の3工程で終了です。

最初の日は塗る量が少なかったのか、塗ったあと10分くらいで肌の乾燥を感じて、内心「失敗かな~」と思っていたのですが、2日目に少しクリームの量を増やしてからはあまり乾燥を感じることがなくなりました。

それよりビックリしたのが、翌朝とくに肌トラブルが起こっていないという事実です。メイクのノリも悪くはなりませんでした。

 

2週間経過『肌トラブルもなく順調』

すっかり「ガッテン塗り」にも慣れ、自分の肌にあったクリームの量がわかってきたこともあり、工程の少ないスキンケアのメリットの虜になってきました。朝のスキンケアは今まで同様、「洗顔→化粧水→保湿ジェル→下地→メイク」というやり方を実践したので、日中の化粧崩れなどの心配もありません。

 

1ヶ月経過『予想よりもはるかに手ごたえ』

結論です。「ガッテン塗り」ですが、私にはとてもあっている美容法でした。理由は、①乾燥しなかった ②大人ニキビができなくなった ③時短のメリットが大きい、この3つです。

私は「ニベアの青缶+ガッテン塗り」というやり方で化粧水をやめてみたのですが、肌の渇きを感じたのは初めの2~3日だけ、これはクリームを塗る量がわからなかったのと、洗顔からニベアを塗る時間まで少し間が空いていたことが原因です。

それまでは1ヶ月の間で、ちょいちょい大人ニキビができていたのですが、ガッテン塗りを始めてから、大人ニキビができなくなったのは驚きでした。

また、一日の終わりに疲れているなか、スキンケアの時間を短縮できたことで、心の余裕ができたことはよかったです。

 

3ヶ月後『続けることでわかることもある』

いったん、以前のスキンケアに戻すことを決めました。「ガッテン塗り」に大きな問題があったわけではないのですが、ちょっと気になることが出てきたので、いつものスキンケアとニベア青缶をつかったガッテン塗りのハイブリッド美容法に変えてみることにしたのです。理由についてはあとで述べることにします。

 

⇩アボカドオイルはアトピー肌にオススメについては下記の記事から⇩

アトピー肌にオススメ!アボカドオイルで肌を保湿する方法について解説!

 

クリームだけのスキンケア、メリット・デメリット

どのような美容法であっても、万人にピッタリ合うことはないです。

では、1ヶ月以上、クリームだけのスキンケアを試してみた私が、そのメリットとデメリットについて、気づいたことも含めてお伝えします。

 

クリームだけのスキンケア・私が感じたメリット

 

  • コスパがいい
  • 肌への摩擦が減る
  • 乾燥肌が改善する

 

誰もが予想できるメリットは、やはりコスパ面です。いろいろなアイテムを揃えなくてもいいため、それだけで化粧品にかけるお金を節約できますが、何といってもニベアの青缶は大容量で安価、かなりの高コスパ美容法になります。

また何工程もかけるスキンケアは、それだけ肌への摩擦が多くなり、結果として負担を増やすことにつながります。肌への摩擦はシミなどの原因になりますので、「洗顔→保湿クリーム」といったシンプルなスキンケアは、肌にやさしいといえるでしょう。

そして一番意外だったのが、乾燥肌が改善されたということです。実は、私はもともと乾燥肌で、普通肌用のスキンケア用品では肌の渇きを感じていました。『しっとり潤う』どころか、『もっとしっとり潤う』といったかなり潤い重視のモイスチャースキンケアを選んできました。

それでもスキンケア終了後、1時間もすると「ちょっと乾燥してきたな」と感じていたのですが、ニベアを使った「ガッテン塗り」を始めて2週間もすると、時間が経ったときの肌のツッパリ感が少なくなり、粉吹きや皮むけなどもなくなったのです。

もちろんこれらのメリットは私が感じたものであって、「合う・合わない」は人それぞれです。ただ、お金をかけて手入れをしなくても、効果を得られるスキンケア方法は「ある」という結果になりました。

 

クリームだけのスキンケア・私が感じたデメリット

 

  • 自分にあった保湿クリームを見つけるのが難しい
  • ニキビの悪化を招くこともある
  • 美容成分は補えない

 

私には「あう」と感じたクリームだけのスキンケアですが、もちろんデメリットもあります。最大のデメリットは、肌トラブルを起こす可能性もあるということです。

私自身はニベアの青缶を使いましたが、このニベアが肌に合わない人だっているでしょう。また、保湿クリームを使ったスキンケアは、脂性肌の場合にニキビの悪化を招くこともあります。

いくらTVで話題になった美容法だといっても、それが万人に合うわけではありません。まずは試してみて、良さそうなら続けてみるという進め方が大切です。

そして私自身、当初1ヶ月のつもりで始めた「クリームだけのスキンケア」を3ヶ月続けてみた結果、いったん元のスキンケアに戻すことになりました。

ここからは、その理由について説明していきます。

私が使用した「ニベアの青缶」は、もともと肌の乾燥対策につかわれる保湿クリームであり、美容目的のアイテムではありません。そのため、一般的な顔用スキンケアアイテムに配合されている美容成分は一切含まれていないのです。

つまり、水分と油分のバランスを保つ力を引き出すサポートはしてくれるものの、それ以外の肌の悩みを解決する力は持っていないということです。

私の場合、2ヶ月を過ぎたあたりから、何となく肌のくすみを感じてきました。肌もつっぱっていないし、化粧ノリも悪くない、けれども透明感が若干失われているという感じです。おそらく、今までシリーズで使っていたスキンケアアイテムは、モイスチャーを謳いつつ、肌にいいと言われるビタミンBやC、Eなどの成分が配合されているものでしたから、水分と油分を補いつつ、肌を美しくする効果が得られていたのでしょう。

繰り返し述べますが、ニベアに肌を美しくする栄養分は入っていません。あくまで「保湿クリーム」ですからね。こうしたことも踏まえて、ニベアによるガッテン塗りと、いままでのスキンケアを織り交ぜながら肌を整えていくことにシフトしたわけです。

 

⇩ニベアを使用して肌がヒリヒリする理由については下記の記事から⇩

ニベアが肌トラブルの原因に?ヒリヒリする理由やおすすめできない人の特徴とは?

 

 

クリームだけのスキンケアみんなの感想は?

私自身は「クリームだけのスキンケア」は条件付きでアリだと感じたのですが、ほかの人の意見も聞いてみたいところです。

 

ポジティブな意見

https://twitter.com/3b80_y/status/899061123646857217 

(愛莉 @3b80_y さん)

https://twitter.com/yhlk2c/status/1060133439582556160 

(うぱ @yhlk2c さん)

(上記はTwitterからの引用)

 

https://nemutai-me.com/toner-unnecessary/ 

(ブログを公開している方の意見)

 

さすが話題の美容法だけあって、実践している人がたくさんいました。

ただひとつ言えるのは、「自分にあった方法・アイテムを使用している」ということです。

これに関しては、どのような美容法であっても、それは万人に合うのではなく、やってみなくてはわからない・・・です。

 

ネガティブな意見

https://twitter.com/tomitalisa/status/1270903543013105666 

(TOTTOKO@美容研究生 @tomitalisa さん) 

https://twitter.com/yuyuko_x/status/1299968594915127297 

(ゆゆこ @yuyuko_x さん)

(上記はTwitterからの引用)

 

https://ameblo.jp/okaemiki/entry-12388473142.html

(ブログを公開している方の意見)

 

このように、クリームだけのスキンケアがあわない、または異論を唱える人もいます。実際にやってみてあわなかった人、成分などを検証してのネガティブな意見など、ただ話題の美容法に飛びつくのではなく、どちらの意見も参考にすることが大切ではないでしょうか。

 

⇩スキンケアは保湿クリームのみで可能?については下記の記事から⇩

スキンケアは保湿クリームのみで大丈夫なのか?おすすめの保湿クリームを紹介!

 

クリームだけのスキンケアについてまとめ

洗顔のあとは化粧水、今までこのスキンケアに何の疑問も持たなかった人は多いでしょう。

けれども、肌は人それぞれ異なるものであり、みんなが同じスキンケアをしていればいい、というわけではありません。

クリームだけのスキンケアは、いままで肌を過保護すぎるほどお手入れしていた人に、一度試してほしい美容法だといえます。

スキンケアのために肌を何度もこすったりパッティングしたりすることは、それだけで摩擦による負荷を皮膚に与えています。

また、肌本来が持つ力を、過剰なスキンケアによって奪っている可能性だってあるでしょう。

もちろん、クリームだけのスキンケアに使う保湿クリーム選びだって重要です。

けれども、「今の肌で満足していない・・・」と感じるのであれば、ほかの美容法を試してみる価値はあるのではないでしょうか。

そのひとつが「クリームだけのスキンケア」なのです。

そして大切なのは、自分の肌と相談しながら進めること、このことは忘れないようにしましょう。

 

安心して使える!スキンケアにおすすめのクリームとは?

私はニベアの青缶で「ガッテン塗り」を試し、それなりの効果を得ることができました。

ただニベアには美容成分が入っていないため、新たなる問題点が出てきたのも事実です。

それならば、肌にいいと言われる成分が入った保湿クリームなら、クリームだけのスキンケアに向いているのではないかと考えます。

そこでおすすめしたいのが、「REGANERO」のアボカドバタークリームです。

アボカドといえば、世界一栄養価の高い果物としてギネスにも認定されている食材であり、その果実から採れるアボカドオイルは、美容家たちの間でも話題にあがっています。

アボカドオイルの主成分であるオレイン酸は、皮脂に含まれる成分と同じで、肌に塗ったときの親和性がとてもいいという特徴があります。

また、アボカドオイルにはビタミンEが豊富に含まれていますが、ビタミンEには血行を良くする働きがあるため、肌に塗ることで血流がよくなり、肌細胞に栄養が行き渡りやすくなるという効果が期待できます。 

「REGANERO」のアボカドバタークリームは、合成着色料や人工香料、パラベンが不使用ですから、こうした成分への心配がある人が安心して使える保湿クリームです。

クリームだけのスキンケアを試してみようかな…と考えるなら、「REGANERO」のアボカドバタークリームおすすめです。

 

 


この記事をシェアする