アボカド化粧品  2021.08.09

朝のスキンケアは美容クリームだけで済ませて良いのか?

日頃、スキンケアはどのように行っているでしょうか。

洗顔から始まり、化粧水、美容液、保湿クリームなど、美肌に向けたお手入れを熱心に行っている人は少なくありません。

特に何かと忙しい朝は、なるべく時間をかけずにスキンケアを済ませたい・・・、そんな考えを持っている人は多いようです。

そこで今回は、今まで常識だと思っていたスキンケアは、実際にはどうなのかについて考えていきます。

 

朝のスキンケアで化粧水などはいらないのか?

美肌を手に入れるために、一番大切にしていることはなんですか?

ある人は「洗顔」と答えるでしょうし、「保湿」と答える人もいるでしょう。

もちろんどちらも大切ですが、殊更忙しい朝のスキンケアとなると、限られた時間の中でポイントを押さえたスキンケアが重要になってきます。

 

朝のスキンケアの目的とは?

1日の汚れやしっかりメイクをきちんと落とし、肌をいたわる夜のスキンケアは、簡単に言えばダメージから回復するためのスキンケアです。

では、朝起きてすっぴんの状態から始める朝のスキンケアの目的とは、いったい何なのでしょうか。

ポイントは3つです。

  1. 寝ている間に分泌された皮脂汚れを落とす
  2. 肌にうるおいを与えてバリア機能を高める
  3. 日中の紫外線などから肌を守る

ちなみに、夜のスキンケアになると、洗顔の前にメイクや皮脂汚れをしっかりと落とすためのクレンジングが加わり、眠っている間に集中ケアできるしっとりタイプの保湿クリームにかえるなど、アイテムが変わります。

 

朝に洗顔料は必要?

メイクをしっかり落として寝ていれば、朝の洗顔は水だけで大丈夫!と思っている人もいますよね。

しかし、人は眠っている間にたくさん汗をかきますし、皮脂もしっかりと分泌されます。

皮脂は「油」ですから、水で洗ってもきちんと落とすことはできませんので、朝洗顔のときも洗顔料は使うようにしたほうがベターです。

ただし、乾燥肌・敏感肌の人は洗顔料を使うことで、必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。

本来、皮脂には肌を外部の刺激から守ってくれるバリア機能の役割があります。

敏感肌や乾燥肌の人は、一般的な肌タイプの人よりも皮脂の分泌量が少ないので、洗顔料を使うとバリア機能まで失われてしまうため、ぬるま湯だけで朝洗顔することをオススメします。

 

朝に化粧水は必要?

最近はファンデーションや下地にも機能性が加わり、保湿タイプのものが数多く販売されています。

特に、保湿や油分の成分がしっかりと入っているのに、固形タイプで塗りやすいエマルジョンファンデーションなどは人気が高く、密着していて崩れにくいと愛用している人が増えていますよね。

保湿や油分がしっかりと入っているので、「朝洗顔のあとにそのままダイレクトで化粧下地やファンデーションを塗ってもOKなのでは?」と思うこともありますが、これは基本的にはNG

洗顔によって失われた水分を化粧水で補って、その上から乳液や保湿クリームでフタをするのが正解です。

ただし例外もあります。

それは、肌を過保護にお手入れし過ぎているとき。

健康な肌は、さほどお手入れをしなくても水分や油分を十分に保つことができます。

しかし過保護にされ過ぎた肌は、水分と油分のバランスが崩れ、その結果ターンオーバーが短くなってバリア機能が失われます。

そんなときは一度過保護なお手入れをストップし、洗顔後は保湿クリームだけでしばらく過ごしてみてください。

ターンオーバーが正常化し、肌のバリア機能が復活してカサカサ肌とサヨナラできたら、過度なスキンケアに気をつけて、いつものお手入れを再開しましょう。

 

⇩アボカドオイルはアトピー肌にオススメについては下記の記事から⇩

アトピー肌にオススメ!アボカドオイルで肌を保湿する方法について解説!

 

朝のスキンケアを行う順番を解説!

では、ここから朝のスキンケアを行う順番について解説していきます。

朝はなるべく時間をかけたくないということで、アイテム数を減らしている人も多くいますが、基本の順番は次の通りです。

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 美容液
  4. 乳液・クリーム
  5. 日焼け止め

使用するアイテムは人それぞれですから、このベーシックな順番は覚えておくことが大切です。

少し細かく見ていきましょう。

最初の洗顔ですが、先ほど少し述べたように、眠っている間に分泌された皮脂は、水洗顔ではきちんと落とすことができません。

普通肌~脂性肌の人は、しっかりと泡立てた洗顔料でやさしく洗い、ぬるま湯で泡をきちんと洗い流します。

敏感肌・乾燥肌の人は、寝ている間に分泌された皮脂は肌を守る貴重な油分ですから、ぬるま湯で汚れを落とすだけにしておくのがベターです。

肌にうるおいを与える化粧水ですが、それ以外にもキメを整えたり美容液・乳液の浸透を助けたりする役割があります。

洗顔の後は、化粧水でうるおいをきちんと与えてあげてください。

洗顔→化粧水ときて、次に迷うのが美容液と乳液の順番ではないでしょうか。

ここでの正解は美容液。

比べてみるとわかりますが、美容液はテクスチャーがサラサラで、乳液のほうが油分を多く含んでトロリとしていますよね。

スキンケアは水分をまず肌に与えてから、油分でフタをするのが基本なので、水分量の多い美容液を先に使ってから乳液やクリームを塗るようにしましょう。

 

 

朝と夜でスキンケアの順番は変えるべきか?

では次に、朝と夜のスキンケアの違いについて見ていきます。

夜のスキンケアは、1日の汚れを落とすとともに、肌の状態をじっくり観察できるチャンスです。

 

基本の夜用スキンケア

夜のスキンケアの順番は次のような感じです。

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 美容液
  5. 乳液・クリーム

朝のスキンケアと大きく違うのは、最初のステップであるクレンジングですね。

日中メイクをしていたなら、クレンジングは必ず行います。

しっかりメイクの時は、洗浄力の高いオイルやクリームを使い、休日など軽めのメイクだったときは肌への負担が軽いミルククレンジングにするなど、クレンジング剤を使い分けることもオススメですよ。

スキンケアの順番は、朝と基本的には同じです。

ただし最後の乳液・クリームを夜用に変えると、眠っている間に集中ケアをすることができます。

朝と夜のスキンケアは順番を変えるのではなく、使用するアイテムを使い分けるのが大切です。

 

夜だからこそのスペシャルパック

仕事が休みの週末、いつものお手入れに加えて特別なスキンケアを取り入れたい!という人は多いのではないでしょうか。

そんなときは、オイルを使ったスキンケアがオススメです。

実はオイルを使ったスキンケアでは、どのような目的で使用するかによって順番が変わります。

 

小鼻の角栓ケア

まずは小鼻のブツブツが気になる角栓ケアの場合です。

角栓ケアのオイルパックは、クレンジングの後になります。

メイクをきちんと落とした後、人肌に温めたオイルを顔にのせ、毛穴に詰まった皮脂の汚れや角栓が浮き上がってくるまでやさしくマッサージしましょう。

汚れが出た後は、泡立てた洗顔料をつかってしっかりと洗い流します。

 

インナードライ肌の人にはブースターオイル

「ブースターオイル」、初めて聞く人がいるかもしれませんね。

ブースター【booster】は、「後押しする人」を指しますが、スキンケアの場合には導入剤のような意味で使われます。

ブースターオイルを使うタイミングは化粧水の前。

つまり、化粧水の浸透を良くするために使うのがブースターオイルです。

「化粧水の前に油分?」という声が聞こえてきそうですが、肌の調子が悪いと化粧水をつけても全然しみこんでくれないことがあります。

そんな時は、こわばってしまった肌を柔らかくしてあげるのがポイント。

スキンケアオイルには肌を柔らかくする働きがあり、化粧水の前に使うことで肌への浸透を後押しすることが期待できます。

 

ひどい乾燥肌なら最後

とにかく水分を肌の内側に閉じ込めたい!という乾燥肌の人は、お手入れの最後にオイルを使用します。

化粧水で補った水分や保湿成分が蒸発してしまわないよう、オイルでしっかりとフタをするのが目的です。

朝と夜のスキンケアの順番は、基本的には大きく変わることはありません。

けれども、ちょっと時間をかけたい夜のスキンケアのときは、プラス1で自分にあったスキンケアオイルを追加してみるのもオススメです。

 

朝のスキンケアにおすすめのアボカドスキンケアクリームとは?

朝のスキンケアで大切な要素といえば、時短と軽さをあげる人は少なくないでしょう。

ただでさえ時間がない朝ですから、スキンケアに充分な時間はとれませんし、そのあとのメイクを考えると、べたつきが残らない軽いつけ心地のアイテムを選びたいところです。

だからといって、うるおいはしっかりキープしておきたいのも本音。

そんなわがままを叶えてくれるのが、「REGANERO」のアボカドバタークリームです。

このクリームはフェイス用に開発されたスキンケアクリームで、栄養がたっぷり詰まったアボカドオイルを配合しているのが最大の特徴です。

アボカドオイルには、ビタミンEやオレイン酸など、肌にうるおいを与える成分がたっぷり詰まっています。

さらにアボカドバタークリームのアボカドバタークリームは、シアバターやホホバオイル、カミツレ花オイルを配合し、保湿対策は十分、それなのに塗った後のべたつきを感じさせず、「乾くまでメイクができない!」なんてイライラすることもありません。

大人の乾燥肌に悩む人は、朝のスキンケアアイテムに取り入れてみてはどうでしょうか。

また「REGANERO」では、天然純度100%のエクストラバージンアボカド美容オイルも取り扱っています。

こちらは夜のスペシャルスキンケアとしてオススメです。

アボカドオイルは、肌なじみがいいのが特徴ですから、毛穴パックや保湿オイルとしてだけでなく、ブースターパックとして使うのもアリですよ。

朝と夜のスキンケア、どうすればいいのか悩んでいる人は、一度「REGANERO」の商品を使ってみてくださいね。

 

 

<参考文献>


全薬工業株式会社「スキンケアアイテムの使用順を解説!朝と夜で異なるスキンケアの目的とは?」
新宿駅前クリニック「新宿駅前クリニックの皮膚科コラム」
全薬工業株式会社「スキンケアアイテムの使用順を解説!朝と夜で異なるスキンケアの目的とは?」
新宿駅前クリニック「新宿駅前クリニックの皮膚科コラム」


この記事をシェアする