スキンケア基礎知識  2022.06.13

話題の「美肌菌」とは?その魅力と増やす方法をご紹介!

遥か昔から、人々の美肌に対する思いは切実で時代ごとに様々な美容法が話題になってきました。

今、美容家たちの間で話題になっている「美肌菌」を知っていますか?

実は、健康や美容に興味がある人たちの間では、『菌活』はちょっとしたブームです。

腸内環境を整える「腸活」は、耳にしたこともあるのではないでしょうか。

今回は皮膚に常在する菌、とくに美肌菌と呼ばれる菌活スキンケアについて紹介していきます。

「菌」というと、ちょっと怖いイメージを抱く人もいますが、美肌菌の正しい知識を身につけて美しい肌を手に入れましょう。

 

「美肌菌」ってなに??

「美肌菌」と聞くと、そういう名前の菌があると思う人もいるでしょう。

私たちの肌には、常に菌が存在しており、その種類は数百億個とも言われています。

そのなかでも肌を美しくするために働いてくれる約1000種類もの菌を「美肌菌」と呼び、どこでどんな菌が働いているかは人それぞれ違うのです。

そしてこの美肌菌の中でも、とくに「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つの菌のバランスが肌を美しく保つために重要だと言われています。

 

「3つの美肌菌の種類」

では肌を美しく保つために重要な3つの「美肌菌」について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

善玉菌

「善玉菌」というと、腸内で働く菌を想像する人も多いでしょう。

善玉菌とは、与えられた環境でよい働きをしてくれる菌のことを指す総称であり、腸内でいえばビフィズス菌・フェーカリス菌・アシドフィルス菌などが善玉菌にあたります。

では皮膚の善玉菌にはどのような種類があるのでしょうか。

皮膚の常在菌で善玉菌と呼ばれるのは、表皮ブドウ球菌や真菌(マラセチア菌)です。

これら肌の善玉菌は、私たちの肌を健康な状態に保つためには欠かせない存在だとわかっています。

例えば善玉菌は、汗や皮脂を食べて分解しますが、肌にうるおいを与えるグリセリンを作り出します。

また、肌荒れなどのトラブルを引き起こす黄色ブドウ球菌と戦う、抗菌ペプチドをつくりだすのも善玉菌の大切な仕事です。

健康な肌は弱酸性ですが、これがアルカリ性に傾いてくると黄色ブドウ球菌が繁殖しやすくなり、毒素を出して肌荒れが起きやすくなります。

つまり肌の善玉菌は、肌を弱酸性に保ち、うるおいのある美しい肌を保つためにはとても大切な役割を担っているのです。

 

悪玉菌

「悪玉菌」と聞くと、肌にとってよくない菌と想像することでしょう。

さきほども出てきた黄色ブドウ球菌は、肌の悪玉菌の代表ともいえる菌で、増えすぎると肌荒れやアトピー性皮膚炎を引き起こします。

しかし実際には成人の40%ほどが保有している菌で、通常は無害です。

増えすぎてしまい、ほかの常在菌とのバランスが崩れてしまうと、肌に悪影響を与える悪玉菌と呼ばれてしまいます。

言い換えれば、肌の悪玉菌と呼ばれる黄色ブドウ球菌であっても、ほかの常在菌とのバランスが取れていれば無害であり、むしろ皮膚に侵入しようとする病原菌を抑えてくれ、バリア機能を高めてくれる菌だともいえるのです。

 

日和見菌

ちょっと聞きなれない菌ですが、日和見菌もまた、肌にとって良くも悪くも働きかける菌です。

日和見とは「有利なほうにつこうと、形勢をうかがうこと」という意味があり、まさに日和見菌は、肌がいい状態にあればさらなる美肌を後押しし、逆に状態が悪くなると、さらにトラブルを悪化させる原因になります。

代表的な菌としては、ニキビを発生させるアクネ菌が日和見菌の代表格です。

私たちは「アクネ菌=ニキビ」というイメージを持っていますが、実はアクネ菌には皮脂を食べて脂肪酸やプロピオン酸を作り出すという働きがあり、これによって肌は弱酸性に保たれています。

肌が弱酸性に保たれていると、悪玉菌は繁殖しづらくなるため、このような状況下ではアクネ菌は善玉菌と同じです。

けれどもアクネ菌が毛穴の中で増えすぎてしまい、炎症を引き起こすようになってしまうと、たちまち悪玉菌に成り代わります。

日和見菌の働きは、善玉菌と悪玉菌のバランスに左右されるため、3つの美肌菌(善玉菌・悪玉菌・日和見菌)がうまく共存できる状態を作ってあげましょう。

 

 

「美肌菌」を増やす方法!

「美肌菌」はとくに珍しい菌ではなく、肌に常在する菌であることはわかっていただけたことでしょう。

「いつもある菌なら、特に気にする必要もないのでは?」と疑問に思った方、実は普段何気なく行っている行動が、せっかくの美肌菌を減らしてしまっているかもしれないのです。

そこで次は、「美肌菌」を増やす方法について解説します。

 

十分な保湿ケア

善玉菌の一種である表皮ブドウ菌は、肌にうるおいを与える大切な常在菌ですが、表皮ブドウ菌そのものが乾燥した環境を好きではありません。

そのため、肌の表面近くに生息する表皮ブドウ菌は、肌が乾燥することでその数を減らしてしまいます。

肌にうるおいを与えてくれる表皮ブドウ菌が減ってしまうと、うるおい成分を作り出す力が低下し、さらに肌の乾燥が進むといった悪循環が生まれます。

つまり十分な保湿ケアを行うことは、美肌菌の生育環境を整えてあげることにつながり、美肌への第一歩になるわけです。

 

⇩アボカドオイルの保湿効果については下記の記事から⇩

アボカドオイルを肌に塗る!使い方から肌への効果・効能について解説!

 

洗いすぎない

汗をよくかく季節になると、1日に何度も顔を洗うといったことはありませんか?

表皮ブドウ菌などの善玉菌は、洗顔料で顔を洗うことで、汚れと一緒に洗い流されてしまいます。

つまり肌をきれいに保つために顔を洗うことが、かえって美肌菌を減らすことにつながっているのです。

一度失われた美肌菌が復活するには、だいたい半日ほどかかります。

美肌菌を減らし過ぎないためにも、洗顔料を使って顔を洗うのは、朝晩2回程度にとどめておきましょう。

また汗のなかには「抗菌ペプチド」と呼ばれる物質が含まれていますが、この物質は「抗菌」と名がつくように、肌についた細菌やカビが繁殖しないよう肌環境をコントロールしてくれています。

適度に汗をかくことは肌を守ることにつながり、美肌菌が活躍できるようにサポートすることでもあるのです。

 

⇩正しいスキンケア方法については下記の記事から⇩

スキンケアのやり過ぎには注意!毛穴やニキビが悪化するって本当?

 

紫外線対策

紫外線をたくさん浴びると肌が黒くなりますが、これは肌の細胞内にあるDNAにダメージを与えないようメラニンが生み出されるからです。

また紫外線UVA波は、肌の奥深くまで届き、肌のハリやうるおいを保つコラーゲンやエラスチンを破壊してシワの原因になります。

このように紫外線を浴びることは肌にダメージを与えるのですが、実は美肌菌にとっても紫外線は大敵です。

紫外線に殺菌作用があるということは古くから知られていますが、この殺菌作用によって美肌菌もダメージを受けるのです。

美肌菌がダメージを受ければ、当然肌トラブルは起きやすくなります。

美しい肌を手に入れてキープするためには、一年を通して紫外線対策を行うことが大切です。

 

十分な睡眠

「睡眠不足はお肌の大敵」ということはよく知られています。

これは肌細胞が再生・修復されるのは、成長ホルモンが分泌される就寝中だからです。

十分な睡眠時間が確保されていると、眠っている間に成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーが正常に繰り返されます。

ターンオーバーが正常に保たれていると、古い皮膚が自然にはがれ、定期的に健康でみずみずしい肌へ生まれ変わっているため、しみやそばかすなどはできにくくなります。

このような肌が健康な状態は、美肌菌にとっても生育しやすい環境です。

ターンオーバーを正常化し美肌菌を育てるためにも、睡眠は十分にとるようにしましょう。

また、睡眠時間の確保だけでなく、睡眠の質をあげることも大切です。

「お風呂にゆっくり入って体温を上げる」「夕食は寝る3時間前までにとる」「寝る前にスマホは触らない」など、睡眠の質を上げるための工夫も心がけましょう。

 

まとめ

健康や美容のための『菌活』がちょっとしたブームになっていますが、美しい肌を手に入れるためには「美肌菌」を育てることが大切です。

美肌菌とは、肌を美しくするために働いてくれる肌の常在菌のことで、そのなかでも「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つの菌のバランスを保つことが美肌につながります。

「善玉菌」が減ってしまうと「悪玉菌」が増えて肌トラブルを起こしやすくなり、このふたつの菌がバランスを崩すと、「日和見菌」も肌に悪影響を与えるようになってしまいます。

美肌菌を育てるには、保湿をしっかりする、洗顔をしすぎない、紫外線対策をして十分な睡眠をとる、といったことが重要です。

最近肌の調子が良くないな・・・と感じている人は、ぜひ美肌菌を育てる『菌活』を始めてみましょう。

 

美肌菌を増やし健康的な肌を保ちたいなら?

美肌菌を育てるために大切な保湿ケア、どういったものを選べばいいのか悩んでいる、という方におすすめしたいのがアボカドの力です。

アボカドは「森のバター」「食べる美容液」と呼ばれるように、肌にうるおいを与えて美容効果が高いといわれる果物です。

そんなアボカドから抽出されるアボカドオイルもまた、肌にとっていい成分がたくさん含まれています。

「REGANERO」のアボカドスキンケアは、オーガニック栽培されたアボカドから抽出したエクストラバージンアボカドオイルをたっぷり使用した保湿クリームです。

肌にいいとされるビタミンEがたっぷり含まれ、注目の美容成分ナイアシンアミドも配合、ベタつかないのにしっかりと肌にうるおいを与えてくれる保湿クリームですから、肌の乾燥に悩んでいる人におすすめです。

ほかにも「REGANERO」では、天然純度100%のエクストラバージンアボカドオイルを一粒ずつカプセルに閉じ込めた美容オイルを販売しています。

肌にも髪の毛にも使えるアボカドオイルを全身で試してみたいという人には、美容オイルを使った『菌活』もおすすめです。

 


この記事をシェアする