スキンケアのやり方  2022.06.07

美肌は朝のケアで決まる!朝のスキンケアのポイントをご紹介!

「肌の調子がいいと、1日の気分も上がる!」

よく耳にする声ですが、実際には忙しい朝、スキンケアに時間をあまりかけられない・・・という人もいるのではないでしょうか。

今回は、朝は忙しくてスキンケアに時間がかけられない・・・という人におすすめしたい、朝のスキンケアアイテムと押さえておきたいポイントを紹介していきます。

忙しくても美肌をあきらめたくない人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

朝と夜のスキンケアの違い

朝は顔を洗った後、メイクをする前にスキンケアを行い、夜はメイクを落として顔を洗った後、スキンケアを行うのが一般的です。

「洗顔→スキンケア」という一連の流れが同じであることから、朝と夜のスキンケアは一緒でいいと思っている人は少なくありません。

ところが、朝と夜のスキンケアはそもそもの目的が異なり、それぞれに適したアイテムを使うことが望ましいのです。

 

朝のスキンケアの目的とは?

ただなんとなく行っている朝のスキンケアですが、きちんとした目的があります。

 

・寝ている間にかいた汗や皮脂、汚れを落とす

・肌の乾燥を防いで保湿する

・紫外線ダメージから肌を守る

 

もしあなたが、「夜は眠っているだけだから肌は汚れない」、そう思っているのならそれは間違いです。

人は眠っている間にコップ1杯の汗をかくと言われていて、夕飯から就寝までの時間が短かったり、寝る前の甘いものが習慣になっていたりすると、眠っている間も消化器官が働いて余計に汗をかきやすくなります。

汗をかくということは当然皮脂の分泌も行われていて、朝起きて顔がベタベタするというのは寝ている間に分泌された皮脂が原因なのです。

またいくら寝具を清潔に保っていても、繊維についたチリやほこりを完全に取り除くことはできません。

夜眠るときに寝具が顔に触れることで、こうしたチリやほこりが肌に付着して肌を汚すのです。

つまり朝だからといってサッと水洗いで洗顔を済ますのではなく、就寝中についた汚れや皮脂をきちんと洗い流すことが大切なのです。

そんな朝の洗顔できになるのが、肌の渇きです。

洗顔料を使って顔を洗うと、汚れをきちんと落としてくれるものの、肌にとって必要な油分まで洗い流してしまいます。

朝のスキンケアは、こうして失われた油分を補ってあげることも重要です。

私たちの肌には、もともとバリア機能が備わっていて、日中の紫外線や排気ガスなどの外的刺激から肌を守ってくれています。

このバリア機能を高めるには、肌の持つ水分と油分のバランスが取れていることが大切です。

朝のスキンケアには、「肌を清潔にする」「乾燥を防ぐ」という目的以外に、「日中の外的刺激から肌を守る」という大切な目的があります。

 

⇩朝用の保湿クリームの選び方については下記の記事から⇩

朝用の保湿クリームを選ぶポイントは?べたつかないおすすめクリームをご紹介!

 

夜のスキンケアの目的とは?

夜のスキンケアの目的は、メイクを落として肌を休ませるだけではありません。

 

・メイクや皮脂など1日の汚れを落とす

・日中に受けた外的ダメージを修復する

 

化粧品には、自分を美しく見せるだけでなく、肌にいい美容成分の入っているものがたくさんありますが、1日中肌にのせていたメイクは一旦リセットして洗い流してあげることが必要です。

クレンジングをきちんと行わないと、酸化してしまったメイクの成分がいつまでも肌に残り、毛穴を塞いで肌トラブルの原因になってしまいます。

また活動している日中は、空からは紫外線が降り注ぎ、空気中にほこりやチリが含まれ、街中では排気ガスが漂うなど、肌ダメージの要因に常に晒されています。

肌のバリア機能を高め、紫外線対策をしっかりしていても、こうしたダメージから肌を完全に守り切ることは難しいでしょう。

夜のスキンケアに求められるのは、こうした日中に受けた外的ダメージを修復する力です。

比較的時間がとれる夜のスキンケアでは、美容液やマッサージなどで肌をいたわっている人が多いことでしょう。

しかし忙しい朝のスキンケアは、どうしてもケアが不十分になりがちです。

朝と夜、どちらも大切な役割を担っているのですが、日中の外的ダメージに晒される肌を守るには、朝のスキンケアはとても重要なのです。

 

 

朝のスキンケア4つのポイント


それでは、美しい肌を決める朝のスキンケアのポイントとは、いったいどういったものなのでしょうか。

4つのポイントを詳しく解説していきます。

 

1.やさしく洗顔

夜はメイクをしないからと、朝の洗顔は簡単に済ませてはいませんか?

確かにメイクを落とすためのクレンジングは朝の洗顔に必要ありませんが、眠っている間にも皮脂やほこりなどで顔は汚れています。

こうした汚れは水でサッと洗っただけでは落ちず、肌に汚れが残ったままメイクを重ねていくことになり、結果としてメイク崩れの原因になります。

洗浄力の強い洗顔料を使う必要はなく、自分の肌質にあった洗顔料で肌をやさしく洗ってあげましょう。

冷たい水ではなく、ぬるま湯を使うと汚れが落ちやすくなります。

 

2.化粧水をつける

肌が十分にうるおっていると、メイクのノリがよくなり、1日の持ちもよくなります。

洗顔の後は、化粧水をしっかり肌に浸透させてあげましょう。

このとき、素手とコットンではどちらがおすすめなのでしょうか?

どちらにもメリット・デメリットはありますが、おすすめなのはコットンを使うことです。

コスト面や時短といった点では、化粧水は素手で塗った方がメリットは大きいのですが、手でつけると塗りムラが起こりやすく、小鼻の周りなど細かい部分はつけにくいといったデメリットが起こります。

また、一見きれいに見える手には、多くの雑菌やウイルスが付着していて、素手で化粧水を塗ることで顔全体に雑菌が付着し、肌荒れを起こす可能性もあるのです。

コットンは、いったん化粧水を含ませてから使うので、肌へ均一に化粧水をつけることができ、指の間から化粧水がこぼれることもありません。

素手で化粧水をつけた時は、肌の表面をなでるように塗りますが、コットンでつけるときは化粧水を肌にぎゅっと押し付けるようにつけることで、より角質層に届きやすくなるメリットがあります。

もし迷っているのであれば化粧水はコットンをおすすめしますし、乾燥肌の人はとくにコットンでつけた方がうるおいます。

 

3.乳液や保湿クリーム

朝はベタつきが嫌だからと、乳液などの保湿クリームを塗らないという話はよく聞きます。

ところが朝のスキンケアこそ、乾燥対策が重要だということは知っていますか?

「保湿クリームの油分で化粧崩れを起こしやすい」という理由をあげる人が多いのですが、実は、保湿を行わなかったせいで肌が乾燥し、さらなる水分蒸発を防ぐために皮脂の分泌が過剰になっている可能性があります。

また、肌が乾燥するとバリア機能が低下し、紫外線などの外的刺激から肌を守ることができません。

朝こそ、しっかりと保湿をすることが大切なのです。

水分と油分のバランスが取れた肌は、メイクのノリや持ちがよく、肌の負担も少なくなります。

乳液や保湿クリームを選ぶときは、長時間うるおいをキープしてくれる自分の肌にあったアイテムを選ぶといいでしょう。

 

4.紫外線対策

化粧水と乳液で肌を整えたから、あとはメイクをすればOK・・・というわけではありません。

紫外線が空から降り注ぐ日中は、一年を通して対策が必要です。

紫外線は、肌を黒くして日焼けするだけでなく、肌の奥深くにあるコラーゲンやエラスチンといったハリを保つ成分に悪影響を及ぼし、たるみやしわの原因になります。

春から夏にかけて日焼けをしやすいのは、5月~7月にかけてたくさん降り注ぐ紫外線B波の影響です。

一方、紫外線A波は季節や天気に関係なく地表に降り注ぎ、窓ガラスなども透過してしまうため、室内にいても肌にダメージを与えます。

しかも紫外線A波は、B波よりも皮膚の深層部まで届き、肌に弾力を与えるコラーゲンやエラスチンを壊してしまいます。

「今日は家から出ない」「今は冬だから」というときでも気を抜かず、紫外線対策は行うようにしましょう。

 

⇩アボカドオイルがスキンケアに最適な理由は?については下記の記事から⇩

アボカドオイルはスキンケアにも使える!?効果やおすすめのアボカドオイルを紹介!

 

スキンケアのポイントまとめ

朝と夜のスキンケア、どちらが大切だと考えているでしょうか。

「もちろん夜のスキンケア」と即答した人は、美肌への理解が足りていないかもしれません。

朝は忙しいし、メイクをしなければならないから、スキンケアに充分な時間をとれないという人は多くいます。

しかし、日中の紫外線や外的刺激から肌を守り、美しい肌を保つためには朝のスキンケアはとても大切なのです。

洗顔で汚れをきちんと落とし、化粧水で肌にうるおいを与え、その水分が蒸発してしまわないように乳液などでしっかりと保湿対策を行うと、メイクのノリもよくなり、時間が経ってもメイクが崩れにくくなります。

また、水分と油分のバランスがとれた肌はバリア機能が高まり、紫外線や大気汚染などの外的刺激による肌ダメージを軽減します。

夜のスキンケアは、ダメージを受けた肌の修復を目的として行うのに対し、朝のスキンケアはダメージを受けないための対策が目的です。

つまり朝のスキンケアをしっかり行えば、夜のスキンケアの負担を軽くすることにもつながるわけですから、美肌を目指すなら朝のスキンケアに力を入れてみましょう。

 

⇩スキンケアのやりすぎ注意!については下記の記事から⇩

スキンケアのやり過ぎには注意!毛穴やニキビが悪化するって本当?

 

朝のスキンケアにおすすめな保湿力の高いクリーム

今まで朝のスキンケアを簡単に済ませていたという人は、手順やアイテムを一度見直すことをおすすめします。

だからといって、やはり忙しい朝のスキンケアはなるべく時間をかけずにやりたいものです。

そこでおすすめしたいのが、しっかりとうるおいを与えてくれるのに、肌にスッとなじんでベタつかない保湿クリームの存在です。

「REGANERO」のアボカドバタークリーム(フェイス用)は、その名の通りアボカドから抽出されるアボカドオイルをたっぷり配合した保湿クリームです。

アボカドオイルの主成分であるオレイン酸は、皮脂ととてもよく似た脂質であり、肌に塗ったときにサッとなじみ、うるおいを長時間キープしてくれます。

保湿力が高いクリームでありながら、そのあとの下地やメイクアップアイテムの邪魔をせず、忙しい朝のスキンケアでも安心して使うことができます。

美肌のためのビタミンEやナイアシンアミドなども含まれていて、朝のスキンケアをサポートしてくれる保湿アイテムです。

さらに合成着色料や合成香料は含まれておらず、自然由来の甘い香りが朝から気分をリラックスさせてくれます。

手軽でありながらしっかりと保湿対策をしてくれる保湿クリームを探している人に、ぜひおすすめしたい「REGANERO」のアボカドバタークリーム(フェイス用)です。

 

 


この記事をシェアする