スキンケアのやり方  2022.07.25

美肌の条件とは?美肌へ導く正しいスキンケア&大切な生活習慣を徹底解説!

「美肌」と聞くと、どのような肌を思い浮かべるでしょうか。

真っ白な肌、きめが揃った肌、毛穴のない肌、ふっくらと潤いのある肌、どれもが一般的に美しい肌と呼ばれる肌ではありますが、じつは美容業界には昔から6つの「美肌の条件」というものが知られています。

今回は、そんな美容業界のプロが目指す美肌の条件について詳しく解説し、あなたが理想の肌に近づくための、正しいスキンケア方法や大切にしたい生活習慣を紹介していきます。

 

美肌の条件とは?

「美しい肌とは?」と聞かれても、なかなかその答えをひとことで表すのは難しいでしょう。

では美容のプロたちは、美肌の条件をどのように捉えているのでしょうか。

『うなはだけつ』

これが美容のプロたちが考える、美肌の条件へのキーワードです。

ただ、これだけ聞いても、正直何のことかわからない人がほとんどのはずですから、「うなはだけつ」についてわかりやすく説明していきます。

美容業界では広く知られているキーワードですが、これを知っているのと知らないのでは美肌への道のりが大きく変わることでしょう。

まず「うなはだけつ」とは、美肌の条件6つの頭文字をとってつなげたものです。

 

その6つとは次のようになります。

 

  • 「う」・・・うるおい
  • 「な」・・・滑らか
  • 「は」・・・ハリ
  • 「だ」・・・弾力
  • 「け」・・・血色
  • 「つ」・・・ツヤ

 

以上6つの条件をすべて満たしている肌は「美肌である」とプロは考えています。

次に、ひとつひとつを詳しく見ていきます。

うるおいとは、肌の中の水分量が十分であることを指し、具体的には角質層の水分量が20〜30%をキープしているのが「うるおっている肌」だといわれています。

滑らかな肌は、肌にざらつきや凸凹がない状態で、いわゆる陶器肌と呼ばれるすべすべした肌です。

さらに、みずみずしくてキュッと引き締まった肌は「ハリがある」状態で、指で押したとき弾むように押し戻されるのは「弾力がある」肌です。

血行が良く透明感があり、若々しく明るい印象を与える肌は「け」「つ」も満たしています。

プロも認める「美肌」とは、これら6つの条件をすべてクリアできた肌であり、そのポイントは水分と油分のバランスなのです。

 

 

美肌へ導く正しいスキンケア方法

うるおいがあり滑らかで、ハリやツヤ、弾力を兼ね備えた美肌を手に入れるためには、やはり毎日のスキンケアは大切です。

そこで美肌へ導く正しいスキンケア方法について、ひとつずつ見ていきましょう。

 

クレンジング・洗顔

スキンケアの基本は「洗顔」です。

汚れがついたままの肌では、そのあとの化粧水や保湿クリームの効果を十分に発揮させることができません。

メイクをしているときは、まずはクレンジングでメイクを落とし、そのあとで洗顔をします。

クレンジングや洗顔はたっぷり時間をかけて、しっかりと汚れを落とすという人がいますが、そのやり方では角層を傷つけ、肌に余分な刺激を与えてしまいます。

クレンジングや洗顔は、肌への負担を減らすために、こすらず丁寧に、長時間肌をさわりすぎないように行いましょう。

洗顔料をしっかりと泡立てるのもポイントで、きめの細かい泡で汗や皮脂、ほこりなどの汚れを泡で包み込み、からめとるような感覚で顔を洗います。

このときの水は、冷たすぎず熱すぎず、36℃の人肌程度が理想です。

 

保湿

乾燥は、肌のバリア機能を低下させ、外部刺激によるダメージを受けやすくなったり、皮脂の過剰分泌によってニキビが出来やすくなったりします。

脂性肌であったり、暑い季節だったりすると、つい化粧水だけで保湿を済ませてしまうかもしれません。

しかしせっかく化粧水で肌にうるおいを与えても、油分でフタをしてあげないとせっかくの水分はどんどん蒸発してしまいます。

化粧水のあとは保湿剤を塗り、肌内部からの水分蒸発を防ぎましょう。

肌のベタつきが気になる脂性肌の人は乳液、乾燥肌の人は保湿クリームなど、肌の状態にあわせて選ぶことも大切です。

保湿は、夜だけでなく朝も行います。

朝のスキンケアでしっかりと保湿することで、日中の化粧崩れを防ぐことにもつながります。

 

⇩アボカドの保湿効果については下記の記事から⇩

アボカドが森のバターと呼ばれる理由とは?アボカドの美容効果について!

 

美肌へ導く大切な生活習慣

美肌へ導くには、スキンケアはとても大切なことです。

ところがいくら肌の外側からケアをしていても、本当の美肌を手に入れることはできません。

なぜなら美肌になるためには、生活習慣も深く関わっているからです。

ではここからは、美肌に導く生活習慣について見ていきます。

 

「質」の高い睡眠

睡眠不足が続いたことで、「疲れが取れない」「メイクのノリが悪い」という経験をしたことはないでしょうか。

「美肌は夜つくられる」という言葉があるように、美肌と睡眠は深い関係があります。

私たちの体内では、眠りについてから2~3時間後に成長ホルモンが分泌されるのですが、このホルモンには傷ついた細胞の修復や、からだの疲労回復といった働きがあり、美肌をつくるためには欠かせない要素なのです。

「それならたくさん眠ればいい」といった声も聞こえてきそうですが、成長ホルモンは睡眠時間を確保するだけでは十分に分泌されません。

睡眠の「質」により、成長ホルモンの分泌量は変わってくるのです。

 

  • 眠る前の喫煙・アルコールは控える
  • 眠る前にスマホやPCを見ない
  • 眠る1~2時間前に部屋の電気を暗めにしておく
  • 飲食は眠る3時間前には済ませておく

 

質の良い睡眠は、眠る前の準備がとても大切です。

健康のためにも、美肌のためにも、睡眠の質を上げていきましょう。

 

バランスのとれた食事

美肌をつくるためには、いろいろな栄養素をバランスよく摂ることが大切です。

そのためには食生活にも気をつけなければなりません。

肌のためにいいと言われる栄養素だけでなく、たんぱく質やミネラル、ビタミンなどをバランスよく、食事から摂るのが理想です。

例えばパスタやどんぶりなどのメニューは、どうしてもバランスが偏りがちですから、サラダなどのサイドメニューをプラスしてあげるとバランスが良くなります。

また食事の量は夕食が多くなりがちですが、夜は食後のエネルギー消費量が少ないため、エネルギーが脂肪として蓄積されやすくなります。

理想は「朝食:昼食:夕食=3:3:4」、夕食のカロリー摂取量が少し多いのは、成長ホルモンをしっかりと分泌させるため、ただしダイエットや夕食の時間が遅めの人は「3:4:3」のほうがおすすめです。

毎日の食生活の中で、栄養バランスを考えながら食べるのは大変ですから、足りない分をサプリメントなどで補うこともあるでしょう。

しかし栄養は食事から摂ることが基本です。

あくまでサプリメントは補助的な役割だということは覚えておきましょう。

 

365日の紫外線対策

美肌の大敵といえば紫外線ですが、紫外線対策は夏だけでなく一年を通して行うことが大切です。

紫外線にはUVAとUVBの2種類があり、UVAは肌の奥深くまで届き、コラーゲンやエラスチンを破壊して、しわやたるみを引き起こします。

UVBは肌の表面に炎症を引き起こし、シミの原因になるメラニン色素を作り出します。

紫外線は季節や天気に関係なく降りそそいでいますから、「今日は大丈夫!」と油断せず、一年中対策するようにしましょう。

紫外線対策といえば「日焼け止め」を想像する人が多いのですが、それ以外にも「日傘」「帽子やストール」「サングラス」なども紫外線対策には有効です。

もし思いもよらず紫外線をたくさん浴びてしまったときは、冷やしたタオルやローションで肌の熱をとり、化粧水やクリームで十分な保湿を行います。

そのうえで、抗酸化作用のある野菜や果物を積極的に食べ、日焼けによってダメージを受けた肌を整えます。

とくに緑黄色野菜・レモン・アーモンドなどはおすすめの食材です。

 

肌を清潔に保つ

美肌へ導くスキンケア方法で、肌を清潔に保つことの重要性はすでに伝えてあります。

では、眠るときに直接肌に触れる「寝具」については、清潔な状態を保てているでしょうか。

入浴も済ませ、クレンジングや洗顔などで汚れやメイクをきちんと落として眠ることから、枕カバーやシーツはあまり汚れていないと感じるかもしれません。

しかし寝具には、眠っているあいだにかいた汗や皮脂、スキンケアで使用した化粧水やクリームなど、放っておくと雑菌が繁殖する汚れがついています。

寝具は最低でも週に1回は洗濯をし、きれいな状態を保つようにしてください。

とくに枕カバーは毎日でも取り替えたいところですが、難しいようなら枕にタオルを巻き、毎日交換するのもおすすめです。

 

⇩美肌の大敵!アボカドオイルでシミ対策については下記の記事から⇩

アボカドオイルは肌のシミ対策になる!?使い方から効果について対策!

 

まとめ

「美しい肌でありたい」と思うのは当たり前ですが、その美肌の条件とされるのが『うなはだけつ』です。

「うるおい・滑らか・ハリ・弾力・血色・ツヤ」の頭文字をとったのが美肌のキーワード『うなはだけつ』、まずはこの6つの条件をすべてクリアして、美肌を目指しましょう。

そして美肌になるためには、毎日の生活習慣も重要です。

質の高い睡眠を確保し、バランスの取れた食事をとり、毎日の紫外線対策を一年中行う、これらの条件もしっかりと取り組むことが大切です。

美肌は1日にして成らず、毎日コツコツとケアしていくことが美肌に一歩ずつ近づきます。

スペシャルケアだけに頼らず、毎日の地道なスキンケアと生活習慣であこがれの美肌を手に入れましょう。

 

肌に優しく美肌になりたい方におすすめ

お金をかけてエステに通うより、高い化粧品を使い続けるより、何よりも美肌にとって大切なのは毎日のスキンケアや生活習慣です。

だからこそ、いろいろな食材をバランスよく取り入れた食事に気をつかうのなら、スキンケアも肌にやさしいアイテムを選びたいものです。

「REGANERO」のアボカドスキンケアシリーズは、世界一栄養価の高い果物・アボカドのオイルを配合したスキンケアアイテムになります。

肌にやさしいオーガニックアボカドから抽出されたエクストラバージンアボカドオイルは、優れた抗酸化作用を持ったビタミンEが豊富で、不飽和脂肪酸のオレイン酸が肌にうるおいを与えてくれます。

アボカドオイルと一緒に配合されているのは、シアバターやホホバオイル、カミツレ花オイルなど自然由来の成分が中心で、肌にやさしい保湿クリームです。

また、しわを改善する成分として注目されているナイアシンアミドを配合し、人工香料・合成着色料・パラベン(保存料)は使用していません。

「REGANERO」のアボカドクリームは保湿力が高いという特徴があり、さらにしっかりと潤うのにベタつかないという魅力もあります。

美肌の条件である「うるおい」が足りないと感じている人は、ぜひ「REGANERO」のアボカドクリームを試してみてください。

「美肌」を求めるだけでなく、「美髪」もいっしょに手に入れたいというのなら、肌だけでなく髪の毛にも使える「REGANERO」のアボカドオイルがおすすめです。

美肌は毎日の積み重ねが大切です。

理想の美肌を手に入れるためにも、コツコツ努力を続けていきましょう。

 


この記事をシェアする