スキンケアのやり方  2021.12.23

20代だけど肌にハリがない人へ!効果的なスキンケアと化粧品を紹介!

「肌にハリがない」というと、4050代の女性の悩みを思い浮かべるでしょうか。

ところが最近、若い人たちにも肌のハリ不足で悩む人が増えています。

しかも20代でハリ不足に悩まされていると聞けば、ちょっと驚きですよね。

そこで今回は、20代だけど肌にハリがなく、自分に自信が持てない人のための肌改善に必要なスキンケア方法や化粧品について紹介していきます。

 

20代から肌にハリがなくなってしまう原因とは?

ハリがなくなる原因は主に、

①コラーゲンやエラスチンの減少
②乾燥肌

この2つが大きなものです。

年齢とともに女性ホルモンの分泌が低下することで、コラーゲンやエラスチンの減少を招いていることはわかっていますが、

まだ若い20代なら女性ホルモンの分泌は正常であると考えられます。

では20代のハリ不足は、どのようなことが原因で起こるのでしょうか。

 

乾燥肌によるハリ不足

20代の健康な肌であれば、日常的なハリ不足になることはほとんどありません。

それなのに肌にハリがないと悩む人が増えている原因は、乾燥肌が関係しています。

20代のうちは皮脂の分泌量が盛んであるため、あまり肌の乾燥を感じることはないかもしれませんが、

間違ったスキンケアや生活習慣などを続けていると、肌はだんだん乾燥しやすくなってしまいます。

20代だから乾燥肌対策は必要ない!と考えず、正しいスキンケアで日々のお手入れすることが大切なのです。

 

⇩ハリのある肌になりたい人必見!については下記の記事から⇩

ハリのある肌になりたい人必見!弾力ある肌を取り戻す方法を解説!

 

乾燥肌の原因

乾燥肌の原因はいくつかありますが、20代の人が乾燥肌になる理由について解説します。

 

  • 乾燥肌の原因①:紫外線を浴びる

日常的にアクティブに活動する20代、アウトドアのレジャーなどで紫外線を浴びる機会も多いです。

日焼けは肌が黒くなるだけでなく、肌の表面である角質層に炎症を起こします。

すると、本来肌を守るためのバリア機能が低下し、紫外線が肌の奥にダメージを与えてしまうのです。

肌の奥にある真皮には、ハリを保つために必要なエラスチンやコラーゲンが存在しています。

紫外線はこれらを破壊してしまうため、日焼け後の肌はとても乾燥しやすく、弾力を失いやすい肌になっているのです。

また、紫外線はガラス越しに部屋の中にも入ってきます。

「今日は休日だから日焼け止めは必要ないよね」というわけでなく、部屋の中で過ごしたり曇りの日であったりしても紫外線対策を行うよう心がけましょう。

 

⇩アボカドオイルの保湿効果については下記の記事から⇩

アボカドオイルは保湿力が高い!?乾燥肌に優しい?保湿力が高い理由を解説!

 

  • 乾燥肌の原因②:偏った食生活

肌のハリを保つためには、栄養バランスの取れた食事が大切です。

特に体型を気にしてダイエットをしていると、必須脂肪酸やたんぱく質が不足しがちになります。

また外食が多いと、どうしても炭水化物がメインのパスタや丼ものが多くなりがちですが、こうした食生活も肌を乾燥させてしまう要因なのです。

肌はターンオーバーによって一定のサイクルで生まれ変わります。

ターンオーバーが正常なら、生まれ変わった肌はうるおいがあり、ハリとツヤを実感できることでしょう。

つまり正常なターンオーバーを保つためにも、バランスの取れた食生活を摂るべきなのです。

 

⇩アボカドを食べて免疫力高めるについては下記の記事から⇩

アボカドを食べると免疫力が高まる!?アボカドの健康的な食べ方について解説!

 

⇩アボカドはアンチエイジング効果あり?については下記の記事から⇩

アボカドを食べればアンチエイジング効果絶大!?オススメのアボカドレシピを紹介!

 

  • 乾燥肌の原因③:間違ったスキンケア

20代は皮脂の分泌量が盛んですから、化粧崩れやべたつきが気になることもありますよね。

肌のべたつきが気になって、洗浄力の強い洗顔料でしっかりと顔を洗い、化粧水のみでスキンケアを終わらせている人も多いのではないでしょうか。

こうした間違ったスキンケアは、肌のべたつきを抑えるどころか、逆に皮脂の分泌量を増やしたり、逆に乾燥肌に導いてしまったりする原因になります。

20代で肌のハリに悩んでいる人は、一度毎日のスキンケアについて見直してみるといいですね。

 

⇩スキンケアの正しいやり方については下記の記事から⇩

スキンケアのやり過ぎには注意!毛穴やニキビが悪化するって本当?

 

 

20代から肌のスキンケアはした方が良いのか?

「まだ20代だから本格的な肌のお手入れは必要ない」と思っている人はいませんか?

日常的に肌が乾燥していると、ハリがなくなり小じわが出来やすくなります。

若い頃は大して目立たなかった小じわも徐々に定着してしまうと、やがてほうれい線や目尻の深いしわに変わっていくことも・・・。

もちろん20代の肌は、正しいお手入れをすれば自分の力で十分なハリを取り戻すことができます。

過度に肌を甘やかすのではなく、健康でみずみずしい肌に導いてあげるようなスキンケアを心がけましょう。

 

肌のハリを取り戻せる!20代向けの効果的なスキンケア方法とは?

では次に、20代における正しいスキンケアについて詳しく解説します。

 

正しい洗顔方法

まず洗顔の基本は朝晩の2回です。

ただし朝と夜では汚れの種類が異なりますから、洗い方も変えるようにしましょう。

<朝の洗顔>

朝の汚れは、寝ている間に分泌された余分な皮脂です。

余分な皮脂が残っているとメイクのノリが悪くなりますから、ぬるま湯で洗い流すようにします。

汗をかきやすい人は洗顔料をよく泡立てて、Tゾーンを中心に優しく泡で洗います。

乾燥気味の人は必要な皮脂まで洗い流してしまわないよう、ぬるま湯で丁寧に洗えばOKです。

 

⇩朝のスキンケアについては下記の記事から⇩

朝のスキンケアは美容クリームだけで済ませて良いのか?

 

<夜の洗顔>

夜は、昼の間に分泌された皮脂、一日過ごしたメイク、外出先で付着したホコリなど、いろいろな汚れをきちんと落とす作業になります。

メイクをしている人はメイク落としでクレンジングを行ったあと、洗顔を行います。

このとき洗顔後に「サッパリした!」と感じるような洗顔は、ひょっとしたら洗い過ぎかもしれません。

実は毛穴から分泌される皮脂には、肌のバリア機能を高めるという大切な役割があります。

洗い上がりあとに、少しぬめり感が残っているくらいのほうが肌にはちょうどいいのです。

特にハリの足りなさを感じている乾燥肌の人は、洗い過ぎには注意しましょう。

 

化粧水はたっぷりと

洗顔が終わったら、なるべく早く化粧水で水分を補います。

洗顔後の肌は汚れが落ちてスッキリしていますが、実はとても無防備な状態です。

そのままの状態でいると、肌内部から水分がどんどん蒸発して乾燥が進み、バリア機能が低下していきます。

そしてこれ以上の水分を失わないよう、過剰に皮脂が分泌されるため、今度は毛穴が詰まりやすくなり、肌荒れを引き起こしやすくなります。

20代の肌であれば、あれもこれも美容成分が詰まった化粧水は必要ありませんから、とにかくたっぷりと化粧水を肌に補ってあげましょう。

 

化粧水の後は乳液でフタをする

化粧水をたっぷりつければ、肌への水分補給は終了・・・、というわけではありません。

いくら肌に水分を与えても、そのままではどんどん蒸発していきます。

ですから化粧水の後は油分でフタをしてあげることが大切なのです。

ただし、もともと皮脂の分泌量が多い20代なら、濃厚な保湿クリームの必要はありません。

毛穴をふさいでしまわないよう、油分量が少ない乳液をつけて肌を整えてあげましょう。

もしひどい乾燥肌の場合は、乾燥が気になる部分に保湿クリームを重ね付けしてもOKです。

朝は何かと忙しいので、スキンケアに充分な時間が取れないかもしれません。

その分、夜のスキンケアはちょっと時間をかけてあげることも大切です。

1アイテムごとに、手のひらで肌を包み込むようになじませてから次のステップに進むようにすると、肌への浸透がよくなり、ハリを取り戻すことにつながります。

 

20代から効果的なスキンケアを続けるメリットについて

20代の肌は、ちょっと無理をしてもあまりひどくダメージを受けることは少ないかもしれません。

睡眠をたっぷりとって、十分な休息をとれば肌の調子も上向きに復活!・・・なんて話も聞きますよね。

実際に20代女性へのアンケート結果では、普段のスキンケアでエイジングを意識している人は全体の4割にとどまり、その理由として「保湿だけで十分」という答えも多く見られました。

確かに20代で、肌のハリ不足やしわに悩まされている人は多くないかもしれません。

しかし、20代から効果的なスキンケアを続けることで得られるメリットもあります。

20代前半は、肌のハリを左右するエラスチンやコラーゲンの生成が盛んに行われますので、紫外線対策や保湿をしっかりすればハリを失うことはないでしょう。

ところが20代後半に入ると、エラスチンやコラーゲンの生成は減少していき、徐々に肌のハリが失われていくのです。

肌の弾力は少しずつ失われていくため、20代後半~30代前半ではそれほど見た目が気になることはありません。

しかし着実にハリは失われており、気づいたら深いほうれい線や目尻のしわがくっきり・・・なんてことも。

20代から本格的なエイジングケアをする必要はありませんが、普段のスキンケアにプラスして将来のためのプレエイジングケアを早めに始めることは、エイジレスな肌を目指すことにつながります。

「まだ20代だから・・・」ではなく、周りがエイジングケアを意識していない20代から始めておけば、いつまでも年齢を感じさせないハリのある肌であり続けることだって期待できるでしょう。

 

20代でも肌のハリを取り戻せるアボカドスキンケアクリームとは?

「まだ20代だから、そんなに肌のお手入れをしなくても大丈夫」とのん気に構えていたあなたも、ハリがなくなってきた自分の肌をみていると心配になります。

20代だからこそ、あれもこれもアイテムを増やさなくても肌のハリを取り戻すことができます。

オススメは乾燥した肌にしっかりとうるおいを与える保湿クリームですが、皮脂分泌がまだ盛んな20代の場合、塗り心地がべたつくようでは逆に毛穴詰まりの原因にもなりかねません。

REGANERO」のアボカドバタークリーム(フェイス用)は、その名のとおりアボカドをぎゅっと濃縮したような保湿クリームです。

アボカドには肌にいいとされる栄養分がたくさん含まれていますが、そんなアボカドから抽出されるアボカドオイルもまた、栄養たっぷりの魅力的なオイルです。

しかもアボカドオイルの脂質は塗った後の肌なじみがいいのに、しっかりとうるおいを感じさせてくれるので、乾燥によるハリ不足に悩む20代にもピッタリ。

人工香料を一切使用していない保湿クリームでありながら、甘くフルーティーな香りを楽しむことができるのも魅力で、スキンケア時間が癒しの時間になったという声も聞こえてきます。

洗顔後、化粧水のあとは「REGANERO」のアボカドバタークリームをプラスして、もう一度ハリとツヤがある肌を実感してください。

 


この記事をシェアする